新着Pick

人間はもともと変化に適応するのが苦手…… 専門家が教える、変化とうまく付き合うための5つの方法

Business Insider Japan
・変化はさまざまな面でわたしたちの暮らしに影響を及ぼす。 ・しかし、わたしたちの多くは、思ったより変化に適応するのが得意ではない。 ・ポジティブな変化ですら、ストレスになることもある。 ・つまり、自分では大丈夫だと思っていても、無意識のうちにストレスを溜めている可能性がある。 ・人生に起こる変化とう...
941Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これから人生に一度とは言わず、数回の自己改革が必要になる中で、この記事は、如何に自己肯定感の高さが自己変革に繋がるかを教えてくれる。

ここで紹介されている5つの手法は自己肯定感が高い、あるいは自己肯定感を高めようとするときにおこなう習慣です。
もう何回書いたか分かりませんが、我らが雀鬼・桜井章一の名言載せておきますね。

引用
勝負の世界で、「勝つ」とか「強い」とか「運がある」というのはどういうことかと言えば、変化に強いことである。
引用終わり

人生で必要な事の大半は麻雀から学びました。
変化し続ける事が大切で、優秀な人ほど変化ある仕事をやっているようや環境を作っていかねばなと感じています。
一番安定の場所・環境に身をおかないことですかね。物理的にエネルギーの最下点からちょっとずれたところに来るように設計しておくことでしょうか。
これからの材料開発も一緒です。時間軸に着目した変化に強い材料がホットconceptかと思います。
どれも大切なことかなと思いました。
まさに社会が変革期であることを考えると変化の対応にストレスを感じている方も少なくないのかも知れません。
5つの方法の共通点は、変化する社会、環境の中でも自分のことをよく見ることが大事なのだということなのだと思います。
変化に対応するのが苦手という人はたしかに多いですね。ストレスにもなりますし。ただ、世の中が変化する以上、望む望まないに関わらず変化は常に必要になりそうです。

実感値として、強いられる変化ほどストレスがかかりますから、だったら自分の意思で変化しちゃった方がよほどポジティブに行動できます。
生きるとは 変わること

欅坂46「二人セゾン」
https://youtu.be/mNpPQXMgtmw
生き残れないじゃないの〜
人間は個人として変化に対応するのではなくて、集団として、そして世代を経ることによって変化に対応できるようになっている。