新着Pick
914Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本のビジネスマンは、これまで物流のことを知らなさすぎました。
米国や中国では、ロジスティクスに関する意識は、日本の数倍どころか数十倍高いのではないかと、あくまでの角井の感覚ですが、思います。

例えば、今、寺島実郎氏が学長を務める多摩大学の品川キャンパスの大学院で教えています。
その授業の中で、物流の授業は2つあるのですが、その2つの授業だけ、中国を中心とする海外からの留学生が過半数を締めています。
他の授業は、そうではありません。
これは、中国人の物流に対する意識が高いということでなく、日本人の物流に対する意識が非常に低いんだと思います。

先日、中国最大の宅配会社の役員会での講演を依頼されました。
7カ国語同時通訳という技術面で実現しませんでしたが、わざわざ日本から高いお金を払って、講師を依頼しようとしています。
昨年12月は、中国の流通チェーン店の依頼で、北京で9ヶ所同時生中継で講演をしました。これも決して安い金額ではありません。

米国では、Amazonのジェフ・ベゾスの物流に対する意識の高さや、世界最大の小売業のウォルマートのダグ・マクミロンのCEO就任時の紹介プロフールでの物流に関する記述など、米国においても、物流に対する意識が高いのは言うまでもありません。

角井が「物流話」というメルマガを書き始めて19年。書籍を書き始めて17年。
ずいぶん意識も上がってきたように思います。
でも、まだまだです。

物流に関する知識が足りない人は、ぜひ「すごい物流戦略」をすぐに買って、読んでください。
とても整理されていてすごいなーと思った。
ただ、気になったのは、
物流=コストvs物流=プロフィットと見えてしまってること。
実際に、きちんと考えて物流を構築している会社は、僕が知っている限り、上記の思考を並存させている。
抑えるべきところは徹底的に抑えて、コストを掛けるところには徹底的にかける、と言った具合。
そこを勘違いしてはいけないとおもう。

あと、こういう記事を読んで、すこしかじった人にありがちなのが、大した物量もないのに、「あれもこれもやりたい病」のひと。
元も子もないことを言うが、物流は結局規模。ある程度まとまった物量がないと、取り得る選択肢に限りがあるので、いろいろやることは難しい、と個人的には思う。(金を払えばやれないこともないが)
なのに、大した物量もないのに、Amazonやらニトリやらと同じようなことをできると勘違いしたり、そう言ったことにスーパー高額な費用を払わされてるケースをよくみる。

正直物流業界側もきちんと勉強して、クライアントの要望にそって適切に提案出来る人が少なすぎることも大きな問題だと思う
ユニクロとZARAの比較表が素人にも分かりやすい。「日本にとって物流はまだ暗黒大陸」「物流をコストではなくプロフィットセンターとしてとらえよ」勉強になった。
今週から、始まりましたProPickers NOTE。
毎週土曜日に掲載予定です。(※変更あり)

プロピッカーの専門分野についてご寄稿いただく予定なので、ぜひお読み頂けると嬉しいです。

初回、第1弾は角井さん。
先日はラジオでニトリの物流戦略についてもお話いただきました。ぜひこちらもお聞きください!
「ニトリ新サービスの背景にある物流戦略とは?」
https://newspicks.com/news/3322626/
コストと物流の考え方、どちらもとても勉強になる。

強い企業は、「コストセンター」という概念が少ないと思う。売上を産まない部署をコストセンターと呼ぶことが多いが、それでもそこにコストをかけるのは必要だから。必要なのに無理に減らそうとすれば、ひずみが出る。またそこで働いているのは人間で、そもそもコストセンターと呼ばれることはあまり嬉しくないと思う。
だから必要性を認識し、投資をして、そして差別化・付加価値をつけるほうに転換できる経営は強い。

(ちなみに、コミュニケーションもコストではなく投資だと思っている。投資だからお互いに生かせるようにしたい)

物流についても「良い物流」は、目的によって変わる。
記事のフレームワークは、それを見事に整理している。ZARAとユニクロでは、ビジネスモデルも違い、だからこそそれぞれにとっての「良い物流」は異なる。
定義ができると、漠然と「物流が強い」ではなく「その企業にとってどういう価値があるのか」が具体化できる。トレードオフもあるなかで、定義があるとどういう優先順位なのかという判断もしやすい。
ウォルマートの例が凄くわかりやすいです。日本でも後発企業がこの手の発想で、供給体制を構築してからスケールする企業も出てきたので、この辺りは楽しみに感じています。
おもしろい。ファッションウォーカーの倉庫(日本通運さんに委託)で働いていた際、物流を自前でつくったZOZO(ZOZOBASE)が最終的には勝った。物流は肝。
面白いです。
物流をコストではなくプロフィットを生み出す場所、として捉えているところが肝かと思います。この着眼点は学ぶべき。
どんなビジネスも物流がしっかりしていないと成り立たない。
時代の変遷に沿って物流スタイルがどう変わっていくか?も気になります。
法人間交渉において敵なしに見えるAmazonが唯一日本で思い通りにいかなかった相手がヤマトはじめとした物流会社という事実が重いですね。
弊社得意先にも大手物流会社がおりますので、有り難い記事です。特にコストセンターとして叩かれやすいポジションなので。

私は物流は血流だと強く感じています。血管が毛細血管に至るまで血を届けることによって、私共は様々な利便性を享受しています!
この連載について
「ProPickers NOTE」では、NewsPicksプロピッカーが、様々なジャンルの注目トピックについての寄稿を連載していきます。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.83 兆円

業績

業績