新着Pick
193Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
人気 Picker
10年ぐらいでみれば、企業は、いろいろな壁や踊り場を抜けて、さらに大きく成長していくわけです。

成長成功志向の強い人が多い組織は、一見優秀な人の集まる強い組織に思えますが、長期で見ると壁や踊り場を乗り越える局面では、そういう人に職場としての魅力を提供できず、組織が不安定になりやすい弱い組織でもあるわけです。

攻めには強いが守りには弱いというような。成長成功自体が悪いわけではありませんし、むしろそうであってほしいですが、それ「だけ」が組織文化の中心になってはいけないと思うようになりました。

成長成功することを大切に思う人が集まる会社にグリーをしたいと思っていますが、では、なぜ成長成功したいのでしょうか?それは、自分のため、ではなく、ユーザーのため、であってほしい。
「自分のためではなくユーザーのため、つかう喜びに集中し、それを大切にする人」をたくさん集めたいという田中さん。

アマゾンの4つのプリンシプルのひとつ「誰にも負けない顧客執着心」と共通の認識ですね。

顧客がいるから、売上があがる。利益が出せる。顧客に見放されたら、ゼロになる。あっという間に赤字に転落する。大きな組織になると、とかく顧客を忘れがちになります。

ちなみにアマゾンのあと3つのプリンシプルは「発明への情熱」「卓越したオペレーション」「長期的思考」です。
どこまでいっても学びは尽きず、むしろ謙虚に万物から学ぶ姿勢こそ、結果として人を成長させるのだと思います。
インターネット業界のメガベンチャーの一角を担う創業社長が、新卒面接で大学生から学びを得たというお話で、めちゃくちゃ謙虚かつ成長を止めない素晴らしい方だなと思いました。同時に自身の襟を正しました。謙虚に誠実に、全てを師と捉えて成長を続けていきたいと思います。
企業の成長と、どういう組織にしたいか。
企業が立ち上がらないと組織の話ができないのも現実だが、一方で組織の話ができなければ持続的にはならない。
ユーザベースもだったが、組織崩壊の危機や、過去にいた企業でのそうした経験(メルカリなどがそうだと思う)をもとに、どういう組織でありたいかを言語化して、しっかり人を採っていくということは必ず必要なステップなのだと思う。
ちょっと違う文脈ですが、最近は昔のタイトルのリメイクがとても多いですよね。その際、致命的なバグは対応しつつもユーザーが好むバグ(ロックマンとか顕著)は残したり、うっかりミスを防ぐためにUIを変えたり、などいろいろな取り組みが垣間見えておもしろいです。同時に、そういう些細な気づきって、ほんとに好きでやり倒した人間にしか分からない部分なんだよなぁとも思います。お?っと思うとスタッフロールはじっくり見ちゃいますね。
のめり込む経営者とのめり込む社員が重なったとき、
ユーザーがのめり込むゲームが出来ると思う。
僕は最近、メチャカリ(ファッションレンタルアプリ)に
社員とのめり込んでます。
本文も素晴らしいが、田中社長のコメントが本当に突き刺さる。以下は組織づくりの金言だと思う。

ーーー
成長成功志向の強い人が多い組織は、一見優秀な人の集まる強い組織に思えますが、長期で見ると壁や踊り場を乗り越える局面では、そういう人に職場としての魅力を提供できず、組織が不安定になりやすい弱い組織でもあるわけです。

攻めには強いが守りには弱いというような。成長成功自体が悪いわけではありませんし、むしろそうであってほしいですが、それ「だけ」が組織文化の中心になってはいけないと思うようになりました。
「ユーザーと製品に集中」する
当たり前のことですが、これが出来ていない会社が多いと感じます。大企業は社内承認の為に資料を大量に作り、承認会議を繰り返す。ハンコリレーが行われる。そして社内で権力闘争をする。敵は社外にしか居ないのに、社内の敵ばかりと戦っていて、戦力を疲弊する。やはり、当たり前のことが当たり前に出来る会社が、強いですね。
最近、従業員が顧客を経験したことがある組織が理想、と感じることがよくあります。

自分自身が顧客の、つかう喜び、が無意識に分かるからこそ、それをつくることができる… つまり、自分がほしいものを自分でつくることができる…

そうなれば、当然、つくる喜び、もついてくる。年代は移りゆくので、いつまでも、自分自身が顧客であり続けることは難しいでしょうが、そんな組織が理想なんだろうな…と感じます。
思いの強さが事業を作る。GREEを作った頃と比べて、今は個人でサービス持つこともクラウドが普及して簡単ですし、構築に必要な工数も格段に短くなっていて、行動するのは簡単な環境になってると思います。それだけに、深く情熱を持って取り組むことが出来る人の価値が相対的に上がっている気がしますね。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
グリー株式会社(英語: GREE, Inc.)は、日本のインターネット企業である。ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) の「GREE」を運営し、事業の中核としている。 ウィキペディア
時価総額
1,400 億円

業績