新着Pick
138Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
2011年から2013年にかけての狂乱の成長と組織膨張の時期、ぼくはちょうどアメリカ事業の立ち上げで巨額の赤字を垂れ流しながら地べた這いつくばってました。
やっと現地発のヒット出して北米事業黒字化して一息つけたと思った時に太平洋の向こう側を見て、あ、こりゃやべーなと思ったのを覚えている。2013年夏に帰国し、直後に希望退職とWright Flyer Studios立ち上げをやりました。全部リセットだと開き直って好き勝手やらせてもらったので、なんとか今の形になりました。
人気 Picker
時系列、数字で振り返りたい。

設立が2004年12月(サービスインはこれまでの回にあったようにもっと早い)、2008年12月に上場。そこから下記にあるように2012年6月期まで毎期倍増するような成長だった。そしてそこから2013年6月期には売上微減、現在はピークから売上半減。
記事に2010年末に300人ほどだった社員が、2013年春には8倍以上の2500人になったという記載がある。それも異常な伸びだと思うが、業績も異常な伸び。そしてこれだけ伸ばすことも、伸びているとはこれだけ採用するという意思決定をするのも、そして実際に採用をするのも、実際にその現場にいればとんでもない日々だったのだろうと思う。
また、特損は出しているが、継続事業の営業レベルではCFは回っていて、そのなかで早い時期に人員に手を付けたというのは、組織や経営者としては簡単な意思決定では絶対ない。

2008年6月期 売上30億円・営業利益11億円
2009年6月期 売上140億円・営業利益84億円
2010年6月期 売上352億円・営業利益196億円
2011年6月期 売上642億円・営業利益311億円
2012年6月期 売上1582億円・営業利益827億円
2013年6月期 売上1522億円・営業利益486億円

2018年6月期 売上779億円・営業利益94億円
元グリーの方は、優秀な人が多い。
でも、辞める人がかなり多い印象があって、どういう会社なのか関心があったから、この連載を読めてよかった。
「ファミ通のガバス」、懐かしいです^_^
ここ三回は読んでいるほうも辛くなる内容ですが、率直な語り口が印象的です。
コンプガチャについては、正直言いたいことも色々あるでょうが、ただ「全てはプロダクト作りに費やしていていて、体制整備が追い付いてなかったが、これで気づいた」ということなので、言い方は良いかわからないですが、このくらいのことですんでよかったのかもしれません
トップラインを上げながら、コストを削減する。この両方を同時にするのはなかなか難しいことです。

2-3期続けて赤字になれば、要注意企業というレッテルを貼られてしまう。

しかし、従業員の夢や情熱を潰すわけにはいかない。苦渋の選択、リストラ。

でも、企業業績が回復し、優良企業に成長すれば、元社員は胸をはれることもあります。
切実な思いが綴られたインタビューが続きます。今回はついに希望退職の話が出てきました。田中さんもまさに断腸の思いだったと思いますが、当時その実務にあたった人事労務の担当者の皆さんは本当に辛く苦しかったと思います。

その苦難を乗り越えて、しかもしっかり良いゲームを作るために時間をかけた今のグリーは強いと思いました。
実際、ライトフライヤースタジオのゲームはガレージ名のカジュアルゲーム含めて良作が多いです。
2010年末に300人から2013年春には8倍以上の2500人にまで拡大したGREE。3年弱で8倍の組織になるというは、はっきりいって想像ができないレベル。いまも年率30%程度の成長を続けているGAFAですら、そのような組織拡大はしていない。その後すぐに「事業規模に適切な組織規模に」戻したと田中氏自身も言うように、明らかに不適正な組織拡大を行ったのは明らかだろう。

ただ、それを5年後のいま振り返って「あれは間違った意思決定だった」と断ずるのは、僕ですらできるぐらい簡単なことだが、本当に振り返るべきなのは、あの時、あのタイミングとあの環境のなか、なぜそのような半ば常軌を逸したようなスピードでの組織拡大が急務だと、田中氏を始めあれだけ優秀な人材が経営を固めていた組織が感じ、ブレーキを踏むことなく崖を目指してアクセスをベタ踏みして進んでいってしまったのか、そうした組織イナーシャと環境認識を歪ませる「重力場」のようなものがなぜ発生するのか、そこに僕自身の関心はある。その当時のGREEの人材獲得のスピードはとてつもないもので、僕の周りでも本当に優秀な人が続々とGREEに転職していった。そうした人材もGREEの成長は間違いないと信じ、参画していったわけだが、それでも記事内にもある「スマホネイティブアプリ」の開発はいくつもの課題を抱えてなかなか進まず、2013年に100億円減損にまで至ってしまった。

先日、ソフトバンクの通信会社が上場するというニュースがあったが、SBの孫氏も、過剰なまでの先行投資で借金をしまくりながら、それこそアクセルべた踏みでいまも邁進し続けている。今回の上場で2.6兆円程度の資金調達をするが、一方で有利子負債も18兆円と天文学的な規模にまで膨れ上がっている。先行投資の賭けに半ば破れた田中氏と、いまも勝ち続けている(ように見える)孫氏。手法やスタンスが同じでも、二人を分けるものとは、結局のところ結果の違いでしかない。経営者とは本当に辛い商売である。それでも、いまここで、こんなに正直でストレートな思いを吐露してくれる田中氏の真摯で前向きな姿勢に感服するしかない。貴重なお話ありがとうございます。
読んでいて辛くなるけど、経営者ってこうゆう仕事だよなと改めて。

本当にメンタルアスリートの仕事だと思う。常に批判される側であり責任を追う側。
貴重なインタビュー。当事者の生の声は本当に勉強になる。しかも失敗談の方が腹落ちする
↓ 本当に尋常ではないスピード感での拡大と感じました…

「2010年末に約300人でしたが、2013年春には8倍以上の2500人にまで急拡大」

それだけに、リストラクチャリング、の過程のツラさ…ストレートに伝わってきます。

パズドラ、モンストのヒット、ゲームソフト旧作のスマホ移植を経て、スマホゲームの競争環境が劇的に変わるなか、それに勝ち、新たなヒット作をつくる難しさを強く感じました。
あまりゲームをやらないので、最近めっきりグリーの名前を聞かなくなりました。かなり今はゲーム会社なんですね。SNS時代の印象が強いので、なんだかちょっと寂しい。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
グリー株式会社(英語: GREE, Inc.)は、日本のインターネット企業である。ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) の「GREE」を運営し、事業の中核としている。 ウィキペディア
時価総額
1,403 億円

業績