【菅義偉】国民から見て「当たり前のこと」をやる

2018/9/7
安倍晋三との出会い
小松 北朝鮮問題からアメリカとの外交政策を伺い、安倍総理と菅さんとが一枚岩であることがよく分かりました。菅さんと安倍総理の信頼関係がスタートしたのはいつの頃からですか。
 2001年12月、北朝鮮の万景峰号問題を私が自民党の総務会で取り上げたのがきっかけでした。
当時、安倍総理は小泉内閣の官房副長官。その頃の日本は、日本人を拉致した北朝鮮にコメの援助をしていましたよ。そして、貨客船と称した万景峰号は、北朝鮮と日本を自由に往来していました。
小松 万景峰号は、表向きは人や物資の輸送船とされていましたが、当時から不正送金や核・ミサイル開発に必要な部品・機器の取得、さらには工作員への指令役などの疑いも持たれていたそうですね。
 そうですよ。私は自民党の総務会で万景峰号入港の大反対を主張しました。日本人を拉致しながら素知らぬ顔で日本に不審船をよこす北朝鮮。そんな国の船をなぜ入港させるんだ、即刻入港を禁止せよ、と言いました。
そして、万景峰号の入港を止める法律がなかったので、それを作ろうという話をしたのです。当時、万景峰号は日本に15回も来ていましたからね。河野太郎議員、山本一太議員はじめ、6人で動き始めたんですよ。
菅義偉(すがよしひで)内閣官房長官・沖縄基地負担軽減担当大臣
小松 河野太郎外務大臣は、菅さんの同期ですね。
 はい、年は少し違いますが、とても親しいんですよ。
小松 その機会に安倍さんからのコンタクトが?