新着Pick
295Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
うーん、なんかちょっと中途半端なまとめですね。まず一番名前が売れているVelodyneですが、技術的なブレークスルーがなかなかなくて、Solid Stateは作ったものの200m先であまり見えない、360度見るためにレーザーの数をボコボコ増やしているだけでいらないデータもいっぱい拾ってくるなど欠点だらけです。Google時代はVelodyne製LiDARが使われてましたが、Waymoになってから自社開発に切り替えたはずです。あとLuminarは根本的に使用しているレーザーの波長が違う。Luminarは通信用レーザーを応用しており、こちらはレーザー光源にはシリコンではない化合物半導体を使っている。なので量産しなきゃなかなかコストは下がらない。反面、性能は格段に高い。試験車両への搭載がメインの今は性能が高い方が価格よりは優先される状況。

日本メーカーは総じて遅れ気味ですが、まずはSolid StateかMEMSベースの製品が出てこないことにはお話にならない。巻き返す時間はあると思うが、かなりスピード感を持ってやらないといかんでしょうね。

あと、確かに100ドルの製品もあるんですけどね、まぁ正直パーキング用センサーにしか使えないような代物です。でもそれなら今の赤外線や超音波センサーで十分だし、そっちの方が安いので、現段階では意味がない。性能が伴ってかつ100ドル以下にするのが最終目標
未来のモビリティには必ず備わるであろうLiDARに関する情報やメーカーをひとしきり網羅した有用な記事です。4月のハノーファーメッセでは中国企業のフォークリフトがLiDAR搭載して自律運転してました。説明員は「メーカーなぞ知らん、買ってきて設定しただけだ」と言ってました。 #LiDAR #autonomous
電動化、自動化、繋がる化の進展により、組立メーカーの技術開発分野が多岐にわたるに連れ、専門技術開発は専門事業者に委ねる機運が高まっています。いわゆる吊るしの汎用品の擦り合わせ活用もますます活発化しそうです。
LiDARは、カメラより距離精度が高くかつ物体の形状まで見えるので非常に扱いやすい。
機械式からMEMSやSolid State方式が主流になれば、価格も安価になり普及していくかと思います。
理想的な条件だと素晴らしいけど本番では結構おてんばな困ったちゃんだと聞いたことあるけど。そもそも自身がどんな姿勢で発した光なのかを前提に画像解析する必要があってちょっとハンドル急めに切ってロールしてる時に自分を見失わないかとか。
ここ数年ですごい進化した分野だよね
コストは下げなくてはいけない一方で、複雑な機構だけに耐久性が難しいところです。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.8 兆円

業績

業績