新着Pick
203Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
スマートウォッチってなんというか決定打に欠けるというか、何かもう一段階くらい便利になるともっと普及するのになと思っています。一応Apple Watchを使っていますが、ほぼ時計として使っているだけです。
ウェアラブル端末で血糖値なども測れるようになってきているみたいですし、食事も含め健康機能が充実すると、いいパートナーになってくれると思います。アラートは鬱陶しいかと思いきや、実はさほどうるさくありません。

AppleWatchも
「立って」
「歩いて」
「はい深呼吸してー」
「今日の目標に到達してませんけど?」
だのと中々に小うるさい奴ですが、立て続けにまくし立ててくるわけではないので、意外と気にならないのです。

あとたまに褒めてくれますので嬉しくなります ←ちょろい
心筋梗塞や脳卒中などのアラートを出してくれて死亡リスクを減らしてくれるようなウェアラブルが出たら絶対に買います。
運動した方が良いとか健康的な食べものを食べた方が良いとかだと言われなくても努めているし、できないときはできないのであんまり意味を感じません。
体組成を見て水分補給のアラートを出すとかは2箇所に取り付けるかたちで枯れた技術でも実現できる気がします。
AIが標準的数値を基準にアドバイスをすることが、健康サポートならば、それは今の活動量計の延長線に過ぎないように思う。
センサーが進化して身体の現状を把握し、気温や湿度などを含む周りの環境から判断したアドバイスをしてくれるようになれば、子供やお年寄りの熱中症対策にはなるとは思うけど、それ以上のことになってくると機械に管理されている感じになってしまうのではないかとも思う。
生体データを預ける心理的障壁をGoogleがうまく取り除くことができれば、気の利いたコーチングができることでしょう。
GoogleがApple Watch対抗を開発中 >ウェアラブル機器向けに健康とフィットネスの情報を伝えてくれるAIアシスタント「Google Coach」なるものを開発中