新着Pick
371Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この技術、
・便利に使おうと思えば無人レジのスーパーができ、
・不正防止のために使おうと思えば宇多田ヒカルさんが試行している顔認証入場に使え、
・空港のパスポートコントロールでは行列が消え、
・治安のために使おうと思えば今話題の大阪の樋田容疑者がどこにいるかもわかり、
とプラスの面もあるわけです。

プラスの面とマイナスの面があるので、それをちゃんと議論し、使い分け、理解することが重要だと思います。プラスの面ばかりを強調する必要はありませんが、マイナスの面ばかりを強調するのも考えもの。

「包丁は人をさせてしまうから危ない!」と議論したところで、包丁をなくすわけにはいかないのと同じだと思っています。


米マイクロソフト、無人精算システムを開発中 アマゾンに対抗
https://newspicks.com/news/3101627

NEC、顔認証・商品画像認識システム 「変なホテル」に納入
https://newspicks.com/news/3008239

宇多田ヒカルは本気だ チケット「転売ヤー」許さず
https://newspicks.com/news/3240558

パナとNECが激突、空港「顔認証」ゲートの戦い
https://newspicks.com/news/3240487
会社の宿舎の玄関前に監視カメラが設置された。
これで盗難などはなくなるだろうと思った。
しかし、盗難はまったくなくなったわけではないが、交通違反の罰金関連の知らせがたくさん来た。
玄関前の道路で一時停車(数分でも),罰金は200元。
だれも自分の宿舎の前で荷物を降ろしたりするが、こんなに罰金がくるとは思いもかけなかった。
監視より行政の金儲けの手段が一つ増えたと思うだけ。
冒頭に出てくる河南省鄭州市は省都なのでそれなりに都会ですが、安徽省芜湖市は人口400万人弱の3-4級都市。まあ、田舎ではないですが都会でもない街ですね。そんなところまで浸透している、ということです。都市部でのテスト導入などとうの昔に終わっているのでしょう。

さて、AIや過去認識が「監視社会」をもたらす、という論調ですが、多分中国の人からすれば、いやいや昔から監視社会ですけど、という感想ではないでしょうか。欧米式の色眼鏡で見ると、テクノロジーによって急にそのような社会が誕生したように見えますが、すでにある監視社会にテクノロジーが導入されているわけで、程度問題でしかないわけです。監視社会も便利な社会も表裏一体。一部だけ取り出して非難したり賞賛するのは、客観的に見せてその実自分の主張を述べる材料にしているように見えてしまいます。その意味で、欧米(日)メディアにとって、中国は鏡のような存在かもしれません。
本来、人間の生活を向上させるはずのものであるテクノロジーが、使い手によっては人に牙を剥くものに。記事も指摘するように、中国ではAIと顔認識技術が国民の監視・管理、そして一党独裁政権による支配のツールと化しています。
さらに懸念すべきなのが、この「中国方式」が中国国内にとどまらず、他国にも輸出されつつあること。ジンバブエが中国式のシステムを導入することがすでに報じられており、さらには世界ではトルコやハンガリー、ポーランドなど独裁的な手法を強める国でも導入されかねないと懸念する声もあります。
もはや中国だけの問題とは言えません。
読み応えたっぷりの記事でした。

中国は、憲法改正で国家主席の任期を撤廃して「皇帝化」する習近平が共産党一党独裁を継続しつつあります。
もともと中国が監視社会だったと言えばそうなのですが、しかし顔認証のみならず、SNSと一体化した個人決済情報までも連動する社会管理システムが本格的に機能しているわけですから、監視レベルは良くも悪くも大きく進化するわけで、今までの延長線上のレベルと気楽に言えるものではないでしょう。

さらには、横田孝さんもコメントされているように「この「中国方式」が中国国内にとどまらず、他国にも輸出されつつある」ことは、懸念材料と言えます。

例えば、日本がアメリカから輸入している軍事武器、ミサイル・戦闘機・護衛艦など。これはアメリカが継続的に技術支援してくれないと動作しません。
そしてこういったものには、システムを制御するソフトウェアが組み込まれています。ある戦闘機ではアメリカが握っている暗号アルゴリズムを使い、その変動的な暗号を前提にシステムが動作する仕組みになっているので、アメリカのコントロール下でこれを無効化できるわけです。
国家の安全保障に関わる仕組みを、ソフトウェア・テクノロジー領域で他国に握られると恐ろしいリスクになるという典型例ということかと思います。

こういったことに当てはめて考えてみると、例えば中国がこの顔認証を初めとした社会管理システムを進化させて諸外国に提供したとして、「(その提供した)諸外国内にて中国のスパイが紛れ込んでいる場合にはその機能を無効化させる」といった具合に、(技術提供した)自国(ここでは中国)に都合の良いコントロールをされてしまう状況が出来上がります。

テクノロジーの進化がもたらす冷戦の本質はもはや「アメリカが勝つか中国が勝つか」という話に留まりません。軍事力を使わなくとも、テクノロジーの力で潜在的かつ圧倒的な支配を進めることが可能な時代に突入しています。
これが世界規模でどのように影響が及んで行くかを、国家・企業・個人としても考えて行く必要があります。
常に監視されていると全ての人が意識するようになる監視社会、ミシェル・フーコーが『監獄の誕生』で論じた監視システム、パノプティコンを備えた社会というのは中国の独創ではありません。フーコーは、この監視社会を西洋近代の特徴として描き、その起源はカトリック教会と遍在する「神の眼」の概念であると主張しました。実際、欧米で発達してきた技術を中国政府が極めて大規模に導入したものでしょう。
 この監視社会では、全ての人が常に監視されている、と意識するようになることがキモであり、極端なことをいえば、監視装置自体はハリボテであっても構いません。中国が欧米と異なるところは、欧米ならば監視者は「神の眼」であり、もしくは全体主義社会であればジョージ・オーウェルが『動物農場』で描いたように「神の眼」を代替する「ビッグ・ブラザー」になります。中国社会で監視が有効となるのは、晒し上げること、その結果自分の属するコミュニティで恥をかくことを極度に恐れる、という日本社会とも共通する特性があるからでしょう。文化大革命の時もそうでしたが、中国人も日本人も「晒し上げられる」ことを時にはその結果死を選ぶことさえある程に恐れるため、秩序を維持するために有効利用されます。
実際中国に住んでて抑圧感がないのは、書かれているような「監視社会」とやらで槍玉に挙げられたり捕まったりしているのは、普通に犯罪者や素行の悪い人であり、ちゃんと頑張っている人たちにとってデジタルオーバーラッピングは恩恵であるということ。

相手を信用しない、騙された方が悪い、という世の中から、特にこの4年で一気に「頑張れば報われる、信頼されると楽になる」世界に変わりつつあるのは、日本でいうお天道様の代わりにデジタル監視=可視化のシステムを置いたから。

14億の統治の仕方を考えてここまで出来ているのは素直にすごいし、中央集権とそれによる思想言論統制がこれまでもずっと行われていた国の視点からは、そこまで悪く映ってないのが実際のところなんだが、日本では「どう思う!?こわいよね!やばいよね!」が基本路線。

現地にいる人から見える景色を、もう少し伝えてバランス取らないとなと思う話でした。
インターネットという分散型媒体が出て来たことは、一党独裁社会にとっては脅威だったはずですし、自分を含めて多くの人はアラブの春のような市民革命の契機になりうるし、いくら共産党がネット監視部隊を大量に雇って検閲しても、どこかでは限界がくるのでは?と思ってました。結果は果たして真逆になっており、インターネット、テクノロジーは人民統制において、かつてないレベルでの強力な武器になりました。
これは、大きな経済成長を達成して国民の多くが豊かさを感じていることで、政権に対する支持が高いことがその裏付けになってますね
中国が作り上げようとしているのが、「暗黒の監視社会」なのか、「利便性の高い理想郷」なのかは議論が分かれ始めているところですね!少なくとも日本においては、こうした議論を踏まえて、真の理想郷を作っていく流れになっていくといいと思っています。
社会主義なのに国家の予算で民間の技術がどんどん上がり、中国企業が世界を席巻していく。皮肉な結果だが、そうなりつつある。中国系スタートアップは資本主義を良く理解しているので、多少あぶく銭を手に入れても、そこで進歩を止めて贅沢三昧に走る雰囲気がない。ほんと不思議だが、ここが一番恐ろしいところ。顔認識にフォーカスした記事だが、その基礎になるアルゴリズム Covlutional neural network (CNN)は汎用性が大きく、いろんな分野に適用可能だ。この分野で技術を高めることだできれば、次の分野への進出も容易になる。巨大な予算と探究心ある若い人材が結びついて、中国AIが今後どうなっていくのか目が離せない。
この連載について
経済だけでなく、テクノロジー面で中国の追い上げに焦るアメリカ。中国がAI、ビッグデータ、電子商取引、顔認証などで国を挙げて世界のトップを目指す国家戦略は新たなネット世界を作り、イノベーションのあり方を一変しつつある。世界の覇権をめぐる米中の攻防を徹底解説。