新着Pick

アマゾンの買収で確かに安くなったけど…ホールフーズ見限るファンの不満

Business Insider Japan
アマゾン・ドット・コムが、米スーパー大手ホールフーズ・マーケット(WFM)の買収を発表してから、1年余りが経った。「アマゾン効果」で、ホールフーズの価格競争力は、他の大手スーパーよりも増し、優位な位置につけている。ホールフーズはこの1年、どう変わってきたのか。 7月下旬、ニューヨーク市内にあるホール...
352Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾンに買収された企業の大半はブランドの軸がなくなり、Amazon Brandへと変わっていく。

アマゾンが悪いわけではない。
アマゾンはアマゾンのお客様をホールフーズを使って喜ばせている。

企業を売却したホールフーズの経営陣は売上が上がって喜んでいるのだろうか?
ホールフーズのお客様の多くはこの記事にあるような事を「感じている」のかもしれない。

しかしもう手遅れだ。アマゾンのお客様への提供物としてホールフーズは位置づけられ、この檻からは出られない。そして、安くて便利を求めるお客様も多い。

真に強いブランドはやはり閉じていなくてはいけない。
規模を追う前に、質で勝負出来る経営が出来ていないといけない。この努力が大変だ。

ある程度ブランドを作ってきたからこそ今のホールフーズがあるが、それよりも規模を追うことにして、しかもそのパートナーをアマゾンにしたのだから、もはや閉じようがない。

あとはインフラとしてどこまで、どのように生き延びるか。

悲しいとみるか、成功とみるか?
人それぞれですかね。
一番大きいのは「小売販売」を傘下にした、というところです。amazonの次の一手は、ホールフーズを、少ない年数で売却するのではないでしょうか。

ここからオーガニックに戻して鮮度を保ち、かつEC事業に逆戻りすることはなく、amazonのやり方で、一年が経ったというところは見逃せません。店舗として、ホールフーズではなく、amazonとしての一手が生まれない限りは、堂々巡りではないでしょうか。
興味深いレポート。定量と定性、どちらも重要ではあるが、特に買収のように変化する中で両方を満足をさせることは難しい。変化をさせるから買収の効果が出るのも一側面なわけで。
市場全体としては、Wholefoodsの高級色が薄まることは、他の高級スーパーへの競争圧力の緩和、中価格スーパーへの競争圧力の強化につながる。
本件がどうという話ではなく、ステークホルダーが幸せにならないビジネス(ここで言うパートナーである生産者や仕入れ先の方々、顧客)は、どこかで崩れていくし、何かあった時の瓦解も早いです。腕力で押さえ込むのではなく、共感力で共創を生むのが大切ですね
価格は重要。

ホールフーズは価格が高いからそういう客層だったわけで。
安くなれば客層も変わる。以前の客からは品質面や雰囲気に不満が出る。

そういう事でしょう。
興味深く拝読しました。
大塚家具の事例もありますが、お手頃な価格になるとこれまでのコアのお客を失うこともあるということを改めて感じます。
安すぎる価格が逆に品質に疑念を持たせてしまうというのも確かに。
安くなったことで新たに獲得できた客層が多いとも思います。難しいですね。
買収前に行ったことがあります。日本にも欲しいと行くたびにに思っていました。値段が落ちても品質が落ちたら、品質が良くて行っていた理由がなくなりますよね。自分の強みを理解するのは大切なこと。
そもそもホールフーズに通う人って、ある意味ステータスですよね。
そうでなければより安いそこら辺のスーパーに行きますから。

(※クオリティと書いてありますけど、オーガニックフードはただのマーケティング用語です。オーガニックがノンオーガニック食材よりクオリティが高いとかそういうのは科学的に根拠がありませんからね)

で、Amazonはだんだん愛用者(お金に余裕ある人)に対してその店のステータスを無くしてしまいます。

でも決して愚かではないと思います。ステータスって憧れもあります。今まで高すぎて行けなかった人が行けるようになって彼らもステータスを感じちゃいます(とりあえずそう思っています)。

今の愛用者がもしかしたらこれから違うところに通ってしまいますけど、Amazonにとって愛用者ではなく、一般の消費者の方が数が多いので売上的に意味があります。

つまり、スキー市場みたいです。
今年の3月にホールフーズの幹部が大量に退職したことが明るみになって、同社がAmazon色に染められてきた印象を受けたんですが、ここまで進んでいたんですね。

https://newspicks.com/news/2905746?ref=user_391390

Amazonのビジネスとしては成功なのかもしれませんが、もともとのホールフーズのコアなファンにとっては寂しさを感じるのでしょうね。

わたしもホールフーズの牧歌的でビジョナリーなところが好きだったので、こんなことになっちゃうと、「次」はないかなぁ。。。
AmazonのWhole foods買収から一年、価格が下がった、24都市で即日配送が始まった、などのメリットがある一方、ノンオーガニック商品が増え、「食材のクオリティが下がった」という声が多い模様。Whole foodsの良さが若干変わりつつ、市場に適応した形に変化している模様

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
176 兆円

業績