新着Pick
992Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
法人には信用がためれる。講談社がためてきた信用にいっぱい助けられて今の自分がある。今は、僕がコルクという法人に信用をためて、コルクにきた仲間を支えるという挑戦をしている。
なるほどこれ名刺アプリの宣伝なのね
『宇宙兄弟』、『ドラゴン桜』、『漫画 君たちはどう生きるか』、次々とベストセラーを生み出し続けているコルクの佐渡島庸平さんにインタビューさせていただきました。

今回は「名刺」を切り口に、”人との出会いをどう活かして、仕事や人生を切り拓いていくか”というテーマでしたが、話は多岐に渡って、最終的には“(組織に所属しても)いかに指名される個人になるか”、 “ビジョンと信頼をどのように築くか”など、「新しい働き方」についての話が伺えました。(それにしても逸話のオンパレード……!)勤め人側の話、経営者側の話もそれぞれ入っているので、多くの方に読んでいただきたいです。

個人的に刺さった部分は、佐渡島さんが「コンテンツのビジネスだと、自分の価値観というものがすごく重要になってくる。その中で言えば、自分の普段の生き方と仕事を切り離さないっていうのは、すごく重要なこと」と仰っていたこと。先月(株)スマイルズの遠山正道さんにインタビューした時も同じことを仰っていました。

コンテンツ業界に限らず、これからは“自分の生き方と仕事を切り離さない”ことが「新しい働き方」の軸になっていくと感じたし、それによって「指名される個人」が築かれていくということ。

それには「DOの肩書(仕事の肩書)×BEの肩書(人としての在り方)」を言語化できることが、大切な“目には見えない名刺”になるのだと思いました。目に見える紙の名刺、見えない名刺の2枚をいつも持ち合わせられる人になろうと思いました。
組織の肩書きはフル活用したい。
組織経由だと愛ない人はたくさんいるので。

SNSでの発信量を増やして思ったのは、組織名刺を渡さなくても仕事の話ができるようになったこと。

20代の前半は組織名刺で繋がりを増やす→SNSで独自分野を確立→徐々に名刺を手放す・・・といった流れが理想かな。
こういうお話聞くと、矢張り元〇〇でやってました。
と言うのは、独立しても知名度がない場合重要ですね。
業務請負の時も履歴書や職務経歴書など
個人の営みや歴史も参考にされる場合多いですから。
私の場合は法人格の代表の顔はありますが、
社会人としては、会社員の経歴の方が長いので
個人の履歴は、凡ゆる場所で公表してます。

本でいうと作家と編集者の関係があり、堀江さん言う通り
作家から指名で選ばれる編集者にならないと一人前で無い様に、

益々アーティストや歌手から指名されるプロデューサーに
ならないといけませんね。
自分にとっての「Beの名刺(= 私はこんな人間です)」は、SNSです。NewsPicks、インスタ、Facebookがそれ
名刺の先に何が見えるか。『 名刺は、「私はこんな仕事をしている人です(Doing)」という情報を手渡すことで、その一歩先の「私はこんな人間です(Being)」を伝えるきっかけを仕込めるメディアなんだと思います。』
名刺って仕事をして行く上で重要なんですね!
私は、ロリータモデルとナースなんですが、名刺を持っていませんが、よく名刺を頂く機会はあります!
でも、大体、そのままにしてしまっています!
あとで見返す事が殆どありません。
でも、それでは意味がない訳で、
今は、SNS上でも繋がれる時代だから、、、
デジタル名刺が必要なんですね!
株式会社講談社(こうだんしゃ、英語: Kodansha Ltd.)は、日本の大手総合出版社である。 ウィキペディア