新着Pick
381Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
修繕ニーズにもサブスクリプションモデルが登場していることが非常に興味深いです。
アプリという顧客接点でどこまでエンゲージメントが維持できるのか、関心があります。
設備の故障が頻繁に起こる人にはよさそうですね。私はiPhoneの修理へ行くたびに月額800円代のAppleCareに入っててよかったと感じます。
補修の「相談」が無料で訪問費用、工賃、物品購入費用でマネタイズする形か?中間業者が多く負の多い業態なので、可能性大きい。SECOM等の警備会社が抱き合わせで売ったりするとトップライン伸びそう。
木村夏帆さんのコメント参照。

昨日この記事見て、「しょーもな」とスルーしていたのですが、なんだか肯定的なコメントが結構出ていてビックリしました。

こんなんに引っかかる人は、かぼちゃの馬車とかに引っかかる人を笑えませんよ。
どこまで制約をシンプルにして、月額1000円内での幅を広げられるかは今後期待したいですね。
誰が何のために利用するのか、よくわかりませんでした。
まずは施工会社やメーカー、管理会社に連絡するのが一番なのでは。。。
ここでもサブスクリプションモデルですか。コストが結構かかりそうなモデルなので、そんなに使わない人が多いという前提で組み立てられているのですかね。
これって、実質的に他業者を排除して独占契約を結ぶことになってるだけじゃなかろうか?
無償修理部分だと年間で12000円で十分な儲けが出て、有償修理で他社との相見積か避けられるので、大きく儲ける事ができるのでは…
人的リソースが発生するサブスクリプションモデルなので、一定の発生確率とその内容によりサービス提供をするようですね。アプリなのは問い合わせに関わるリソース削減とサブスクリプションの契約と回収をしやすいってとこでしょうか。住宅のサポート系はまだまだこういったテクノロジー活用や新しい業態への取り組みが少ないので興味深いサービスですね。
賃貸マンションに住んでいると管理費を払わされるが払わされるが、ほぼ何もしてくれない印象。