新着Pick
305Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
2017年世界の遊園地入場者数TOP25には、
ディズニーランド、USD、ディズニーシー、ナガシマスパーランドの4つが入るなど、日本人の遊園地好きは異常なレベル。
(出所2017 Theme index)
遊園地・テーマパークはリピートで来園してもらうために、ソフト・ハード面での投資を”継続的に”行うことが必要です。投資額も大きいので、勝ち組負け組の差が出やすい業界と思います。
人気 Picker
本記事の編集・校正を担当しました。夏休みが始まったこのタイミングに合わせ、帝国データバンクが保有する147万社収録のデータベースをもとに、トレンド解説として遊園地・テーマパークの経営状況をまとめました。

売上高トップは、東京ディズニーリゾートの「オリエンタルランド」(千葉)。2位は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「ユー・エス・ジェイ」(大阪)。この2社はすぐに浮かぶと思いますが、3位はどこだか分かりますか?答えは、ぜひ記事本文でご確認ください!
市場の半分弱がディズニー、そして2割がUSJという規模感が、すべてを示していると思う。
コスト÷楽しめる時間というコスパ的感覚では上野動物園が圧倒的。上野動物園と多摩動物園は東京都が運営しているので安いというのもあるかもしれないが、海外の動物園だと数千円単位の入場料も発生することを考えれば、維持・改善という観点も含めると値上げしてもいいのではとビジネス的には思う(お父さん的には値上げは複雑…)。
今週の「こうして企業は倒産する」は、夏休み真っ只中の遊園地・テーマパーク業界のランキングをご紹介。ディズニーシーの投資が話題ですが、そうした施策に乗り出しているのは何もオリエンタルランドだけではありません。個人的には、富士急ハイランドの大胆な取り組みの行方に注目です。
インバウンドなどの大規模なレジャー需要を取り込めるのは実はディズニーUSJくらいで、その他パークは国内の小旅行や地元民の週末需要をいかに取り込めるかが大事という認識です。

この点、ハウステンボスは戦略転換が素晴らしく、外国風で売っていたが海外旅行が一般的になり大幅に売上が減ったことを受けて、地元の人が来たいと思う構成にガラッと変えました。ワンピースなどが顕著ですよね。

また、価格設定の話でもいつもハウステンボスを思い出します。

まずはとにかく集客するために夕方を無料にしたが、全然人が入らなかったとのこと。広い敷地の中で空き地になっているスペースがあって、夜になると気味が悪かったのも一因のようです。その空き地を使ってイベントを企画し、思い切って入場料を取るようにしたら人が入りはじめたというエピソードです。最後は3000円近くまで値上げしたように記憶しています。

空き地であれば、タダでも入らない。付加価値が乗らなければ(もうちょっとちゃんと言うと、付加価値が相手に知覚されなければ)、0円でも売れないということです。
言われてみれば当たり前の話だけれど、なかなか意思決定できず、値下げに流れてしまいがちだと思います。
オリエンタルランド、圧倒的ですね。
ただいつ行ってもあまりにも混み過ぎていて、翌日にまで疲れを引きずってしまいます。。
夏休みに入ったので混雑がより激化しますが、今週末のような天気の日は狙い目なんでしょうか。
行ったことはないですが、グッジョバ!!は楽しそう。キッザニア的な感じなのでしょうか。テーマパークって行けば楽しいのですけどね、行くまでがなんとなく足が重いです。
当社のメンバー必読!
定量・定性を織り交ぜた素晴らしい分析記事ですね。
よみうりランドは、夜のビアガーデン・プールとか、その時のウォーターボーイズショーとかをスタッフで練習してたりとか、ガンガン攻める姿勢が元々あり、その内の1つの企画がヒットしている。と、見ています。
素晴らしいのは、内部にいて数々の企画を実行されている方々。
やはり規模の経済性が働く部分があり、厳しい企業も多いということが一目でわかります。
後は地域ごとの激戦具合。

ディズニーランドやUSJぐらいまで勝ちきってしまえば良いのでしょうが、中々あのレベルまで上り詰めるのは難しいのでしょう。

末尾にあるインバウンドを如何に取り込めるか?は今後の商機となるでしょうから各社の戦略が楽しみです。
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル連載「こうして企業は倒産する」をリニューアルしてアップデート。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。