新着Pick
270Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シーズンを逃した商品の焼却は、価格やプランドを維持するために、ずっと昔から(私が知っているだけでも30年以上)高級アパレル業界では普通に行われていることです。
逆に非難を受けていることにビックリしてしまいました。

しかし、逆に言えばこの当たり前だった業界慣習が人々の違和感を集め、非難を受ける時代になったという事実に注目する必要があります。

そこには世界的なセカンドユースマーケットの確立や、シェアエコノミーの概念の広がりが背景にあると考えられます。

業界としても型遅れ品の焼却によって、マーケットから流通在庫自体を物理的に消滅される方法ではなく、別の方法でプランド価値の維持を考えなければならない時代になったのかもしれません。
中期的に見ればブランド毀損を避けるための妥当な対応だが、長期的に見た場合、今の時代かえってブランド毀損を起こす可能性がある処置。

最近ではEquslityや環境への配慮など、一流企業であれば社会的責任を果たすこと、企業として社会的責任への哲学を示すことも重要視されてきている。そのような中、焼却処分は二酸化炭素排出も想起させるし良い手ではない。

再利用などの活動を、コストがかかってしまっても、考えるべきタイミングが来たのではないだろうか?
今後のファッション業界全体の対応に期待したい。
ファッションの世界ではプロパー(正値)で売るもの、マークダウン(値引き)して売るもの、そして破棄するもののミックスをあらかじめ織り込んだ上で粗利設定をしてるもの。その意味では一定割合の焼却処分は普通のことではあります。
この「批判」ってのがわざわざ「バーバリー」というハイブランドに向かっていることからもわかるように、目立つブランドに噛みついた、という面が大きそうですね。「資源の使い方」や「貧困層でも使えるか」ということでは、バーバリーでもユニクロでも本質的には差はないはずなので。
ただ、こういう「批判」があっという間に伝播して炎上するのがポリコレ民主主義なので、そういう配慮も今後は必要なんでしょうね
野菜や魚介類の破棄もよく報道されますね。

しかし、この「批判相次ぐ」というのは実はごく一部の声の大きい人の意見だけだったということもあるので具体的にどれくらいの規模だったかなど裏付けのほしいところ。
昨年、H&Mも同じような内容で炎上している。ブランド価値を維持するためには仕方のないことだとは思う。企業側も出来る限り在庫が残らないような努力はしているものの需要予測も難しく対応は難しいだろう。ただ、この残っている商品を激安セールなど他の方法で処理した時にバーバリーブランドの価値を毀損することもあり、判断が難しい。日本のコンビニの食品廃棄の問題も同じで、営利企業として競争を行なっている以上どうしようもないところもあると思う。
https://newspicks.com/news/2559833/
アパレルに限らず、商品サイクルが早いものに廃棄はつきものですし、そもそもそれが予算になっている事も多いです。商品改廃で在庫を持たないと購買頻度が減りますし、在庫を流通させたら本業に悪影響も。小規模なら売り切りも可能ですが、ロスは中々に頭を悩ませる事が多いです。
服を着れない貧しい人たちもいるのにって批判は、ひどすぎる。じゃああなたは、去年と同じ商品が並んでいても、買ってくれるのですかと。

販売量に対する処分料の割合が多すぎるって批判ならわかると思いますが・・・
では、逆に売れ残った商品を大特価で値引き販売したらどうなるか?
当然、正規価格品は売れなくなり消費者はマークダウン品を待つことになるだろう。コーチなどは逆に正規品をAquisition コストとし、アウトレットで正規ビジネスをしているようにみえる。(想像です)

本件について、恐らくブランド価値を既存せず、かつ売れ残り品を処分する最も良い方法は、途上国などに無償で供給することだと思うし、実際、いくつかのスーパーブランドはそうしている。私はよく冗談で日本人はユニクロで我慢し、途上国の方たちはスーパーブランドを身につけていると話す時がある
自動車業界でも、定期的に在庫部品を廃棄する。新車の廃棄は聞いたことがない。

廃棄部品のなかには、物理的に毀損したもの(日焼け、変色、へこみ、歪み、変質など)や使用不可になったもの(品質対策や新技術・新造形の採用などの設計変更で互換性がなくなったものや構成部品の一部滅失など)だけではなく、「過剰在庫」がある。

過剰在庫は、流速と在庫量から計算された「健全在庫量」を越える数量の部品であり、廃棄対象には通常の正規品が含まれる。

模倣品に市場を荒らされる自動車メーカーには過剰在庫を市場に流す発想はない。市場の評判以上に価格体系を壊し、純正品が「新古品」として売られることがあるかのような印象を与えてしまうからだ。
ブランド価値に影響を与える変数や因子が徐々に変化しているんでしょうね。これを良し・悪しとする双方の意見があれば良くて、ブランドへの影響度合いを考慮しブランド保有側が判断する話かなと。

業績