新着Pick
2041Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここでは、アートは見るものと書かれているのでつい美術鑑賞を想定しがちですが、キャプションを見に行き、その絵が何を象徴していると言った評論家が書くようなうんちくを確認するような鑑賞だと意味がないわけです。その時間と五感を全て鑑賞に投入し、自分の感情の動きと素直に対峙する事が大事なわけで。そして、正解がない美意識を認識することとは、その感情の動きを認識するとともに認めてあげることであり、世の中には多くの認識があって良いのだという事を知る、多様性を認めることにもなる。自分は人とは違うけれどこれがいいと思う。でも違うものも人の感じ方であり尊重しなくてはいけない事を心からわかる。それが自らの美意識になって行くと私は認識しています。

音楽もアートです。しかもコンサートやオペラに出かければ、空間を共有するのみならず時間も共有する。ですからそれを鑑賞している間は没頭せざるを得ないという特徴があります。感情の動きに対して何かの知識が邪魔をしにくい。自分の感情の動きを知り、好き嫌いはあっても正解不正解はない事、多様な価値観を認めることを心から理解できる。ハーバードの音楽を教える教授によればハーバードが音楽教育に力を入れている1つの理由ははこれだそうです。

さらに最近音楽を実演すると海馬が発達することが確認され、また、想像力、認知力、学習能力の獲得に大きな影響がある事がわかったとのこと。ちなみに、ハーバードに入学する学生の6割は音楽大学にも入れるほどのなんらかの楽器の実力を持っているそうですよ。
楽しみな連載が始まりましたね。

「特に新規事業のような先の読めないビジネスに取り組むときには、コンサルタント的な論理重視の戦略ではうまくいかないことが多い。」

これは、前職で戦略コンサルをやっていた時に本当に実感しました。コンサルタント個々人の能力というよりは役割の話だとも感じましたが、ファクトベースでMECEな分析や提案が大前提として求められている立場で、特にiPhone誕生以降の新規事業立案に求められる非連続的イノベーディブで直感的な体験創出との相性の悪さにモヤモヤしたのを覚えています。
なので、今のコンサルファームがデザインファームを買収していく方向性はとても納得感があります。

ただ、アートは感性や直感だと記事の中にありましたが、
少なくとも現代美術は非常にロジカルで構造的です。
美術史や社会史などを演繹法で論理を何層にも積み上げています。なので美しいものとして耽美的に向かい合う姿勢は誤解のもとかなと思いますし、感性が鍛えられる訳でもない気がしています。
一方、自分自身が積み上げた論理を自ら破壊し再構築を繰り返すアートに親しむ事は、確かに、いつのまにか1つのKPIに縛られて猛進してしまう事から逃れ、そもそもの目的を何度も問い直す様な本質的なクリティカルシンキングを獲得するという観点ではビジネスなも有用かも。
山口さんのご指摘の様に、多様な正解の中にから自分で正解を決め自分でその正解を問い直す、そんな姿勢がこれからのビジネスパーソンにますます必要になる気がします。
山口周さんとはKeio Art Management Expert Seminar (通称AMEX)という連続講座の卒業生コミュニティで知り合ったんですが、アート関係者ばかりの中でずいぶんとサイエンスに強い人がいるなぁ…と驚いたのを思い出します(笑)

課題が多様化/複雑化している一方で「正解のコモディティ化」しているという指摘は面白いですね。ハーバード大の「多重知性」というコンセプトも興味深い!!
リベラルアーツを重視しているとして、ハーバードやスタンフォードと、アメリカの大学の名前が挙げられていますが、日本においては東京大学が学部の1年と2年で未だに教養学部を保ち続けていることは強調しておきたいと思います。なので通常、「東大法学部に入った」とは言わず、「東大(教養学部)の文一(文科一類)に入った」と言うのです。
1、2年が教養学部であることは、私にとっての志望動機の一つでした。実際に入学してからは科学哲学や生命倫理など、興味の赴くままに授業を取れたのは非常に良かったと思っています。
WEEKLY OCHIAIにもご出演頂きましたが、山口さんの唱える美意識(真・善・美)の欠落が、今の日本社会の負や課題を全て説明できると思いました。

行き過ぎた論理・合理主義的 価値観が
日本における教育、組織、政治を歪めている。
直感や感性よりも、数で示し易い合理主義が、
マジョリティとなって同調圧力を生み、ダイバーシティやイノベーションを
阻害しているのではと思います。
『世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるか』の著者でもある山口さん。ぼくも最近読んだ本の中で、もっとも刺激を受けました。 ①正解のコモディティ化、②自己実現消費の広がり、③社会システムの急速な変化、を受けてますますビジネスシーンにおけるアートの素養や「美意識」が重要になってきている、という時代背景の認識には、激しく同意します。

あと、山口さんが面白いと思うのは、アートとサイエンスだけではなく、アートと「クラフト」とサイエンスという3つで世界をとらえていること。①アート:経営者×直感によるPlan=一人称&CEO的な素養、②クラフト:現場×経験によるDO=二人称&COO的な素養、③サイエンス:コンサル×分析によるCHECK=三人称&CFO的な素養、という構造理解。

ぼくもながらく、右脳と左脳という2分類より、上記の3分類がしっくりきていて、色々なところで説明したりしています。 アート×サイエンスのデザイナーでも良いし、アート×クラフトのリーダーでもよいのですが、アートの存在しないクラフト×サイエンスのマネージャーは、平時は良くても、急成長や急変化する場面ではなかなかビジョンを示せず、人がついてこない。これからの時代は本当にアート「的な」素養は必須だと思います
https://www.wantedly.com/companies/lancers/post_articles/76480
自由になるための方法が「複数の視点の獲得」だとすれば、アート観賞ほど視点を獲得できるものはない気がします。
音楽を含めた芸術が好きです。アートは毎日を充実させてくれます。人生楽しんだもの勝ち。

美的感覚がビジネスにおいて重要というのは、そですよねと、直感します。
この連載シリーズ、楽しみです
「一言で言えば、ビジネスには「アートとサイエンスのバランス」が必要だからです。アートとは感性や直感、サイエンスは論理や理性と言い換えられますが、特に新規事業のような先の読めないビジネスに取り組むときには、コンサルタント的な論理重視の戦略ではうまくいかないことが多い。」(記事引用)

ビジネスで革新的なことをしたければ、センスをもった人をピッチャーに、ロジックに長けた人をキャッチャーにするとよい。そしてキャッチャーは状況を客観的によく把握しつつ、過度にリードしようとしないこと。ピッチャーの才能とセンスこそが試合の大勢を決することをよく理解し、能動的にサポートすべき。

そして、本記事で山口周さんが「アートを見て、感じたことを言語化することです。」と示唆しているように、センスの言語化≒物語化がビジネス革新の成功のカギを握る。物語化されたものは共感的にシェアできる。そしてセンスを共有した者たちは、この魅力的な物語の主人公となる。こうして、アート・センス(物語)とマネジメント・ロジック(論証)が理想のバッテリーを形成できる。
7/22(日)まで、ユナイテッドアローズ 原宿本店の1Fにアーティストの永戸鉄也さんの作品を展示・販売しています。

永戸さんは<UNDERCOVER(アンダーカバー)>のブックディレクションをはじめ、国内トップアーティストのジャケットデザインやミュージックビデオのアートディレクターとしても活動している方です。

僕も最近アートをよく分からない物から身近な物へと変えていきたいなあと思ってて、うちのプラットホームでアートに気軽に触れてもらえる環境を作り、良いと思った作品を買える仕組みを構築しています。

ファッションに興味がある人とアートに興味がある人、意外なのですが、そんなに交わらないのです。
ユナイテッドアローズに来るお客さまはファッションに興味がある方がほとんど。アートを欲しいと思っていても、ギャラリーまで行くのはちょっと。。。という方が、けっこううちで購入してくださってます。
この連載について
昨今、アートやアートビジネスに対する関心が高まっているが、業界にはさまざまなプレーヤーが乱立しており、全体感を把握するのがなかなか難しい。本特集では、アートシーンを彩るプレーヤーを取材。アートビジネスの見取り図を描き、いま、ビジネスパーソンがアートを学ぶ意味を問い直す。