新着Pick
331Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ホールフーズのアマゾン後の変化まとめは3か月前にもありましたが、値下げ幅が22%でさらに個別値下げがある、など具体的で面白い
https://newspicks.com/news/2878458
やはり、配送料をけちってピックアップする人が多い、というのは結構重要で、だからこそリアルの拠点としてのスーパーが重要、ということになります。
定点観測的な記事があるのは有難いですね。ネット上だけでなく、リアルでもプライムのクレジット割引や商品別のプライムパークなど、顧客との接点数が多いリアルから会員の囲い込みへ。凄く理にかなってますね。
おもろー!
「アマゾン」という世界最強の運び屋としてのブランドと、「プライム」という多種多様な有料サービス群のブランドとの掛け算が、地殻変動を起こし続けている。
2つのブランドは、巧みに使い分けられ、編集され、生活者をぐるりと囲い込んでいる。
アマゾンにしてみたら、ネットとリアルの融合のまだフェーズ1だろうが、それでもここまでの進化は凄いです!ホールフーズはラスト1マイルの拠点に、高級食材も続々アマゾン価格化!「日本にもあったらいいな!」が3年単位では実現されると見ておくべきでしょう。
アマゾンとホールフーズは順調に融合が進んでいると思う。ホールフーズの良さを損ねずにプライム会員ならお得になり、今後はアマゾンインフラを使ったデリバリーをはじめとする利便性が増していくと思われる。とても自然だ。日本小売の表面上のネット対応とは格が違う。
財布の大きな(世帯収入の高い)顧客に対してアマゾン流の値下げをしながらその生涯価値を囲い込むというしたたかな戦略が感じられますね。この戦略であればアマゾン株主も文句は言わないでしょう。日本にもこういう日が案外早くやってくるかもしれませんし、迎え撃つ小売・EC事業者も手をこまねいてはいないでしょう。
Whole Foods は渡米した時に、食べ過ぎ防止の為によくデリを使っていますが、確かに安くなりましたね。
私は住人でないので実感は果物を買う時ぐらいですが…
amazonとのシナジーは、顧客層がほぼ合致するamazon prime会員に対するサービスですね。
ここに書いてあるサービスを日本で実現出来たら凄いと思うけれども、日本は所得層別で使うスーパーが明確に分かれていないので、無理かな
ホールフーズが着実にアマゾン色に染まり始めたことが良く分かった。それにしてもプライム会員限定の半額割引や、クレジットカードキャッシュバックなど、囲い込みが激しいな。更にプライム会員が増えるのではないか。

ピックアップサービスは初めて知りました。確かに便利かも。日本では電車通勤が多いから厳しいだろうけど。
アマゾンに買収されたホールフーズはその後どうなっているのか、興味深いリポートです。商品の受け取り場所、ショールームとしての意味合いも大きくなっているようですね。
このままホールフーズのamazon化が進むと、富裕層は新たなホールフーズを必要とする気がする。

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
189 兆円

業績