新着Pick

番組制作費を大公開『世界の果てまでイッテQ!』は3000万円

Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ
569Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
実際の制作費はこんなに安くはないけど、相対比較するにはわかりやすい金額感だと思います。自局スタッフなのか、制作会社へ全て出すのかによっても金額感は変わるので。
???の数字ばかりなのでみなさま鵜呑みにされませんように(^^;
ブラタモリ、200万円。番組を見ているとスタッフが映る時もあるのですが、数は多いように見えました。それでもこの価格なんですね。

同じNHKのNHKスペシャルはどのくらい制作費がかかっているのでしょうか。回によっては、桁違いにかけてる印象です。

昨年の今時期、パリから東京に帰る便でイッテQ撮影終わりの出川さんと同じ飛行機でした。同番組は出川さんだけではなく、イモトさんや宮川さん、みやぞんさん、温泉同好会のコンテンツなど、海外ロケが多いので3,000万円で済んでいるのかと。
せっかくこういうデータを出していただけるのでしたら、単価あたりの視聴率、もしくは視聴率1%あたりいくらの製作費がかかってるかまで出していただければありがたいです。
すごいデータ。みなさんと、いってQが同じ制作費水準ってのは興味深いですね
テレビっ子の自分としては非常に興味深いデータ!
ゴールデンタイムはどの局も多額の投資をしている中、テレ東の「充電させてもらえませんか?」などは低額かつ視聴率も健闘している印象。個人的には「家、ついて行ってイイですか?」の人生ドラマが好き。
各種テレビ番組出演の経験上、また日頃のテレビ局関係者との付き合いの中から、これらは当然の金額と思う。
それにしても最近、腹の座ったテレビ制作者が減った。
そして、テレビ番組制作に対する夢がなくなった。
子どもが「スマホで動画」が当たり前になってきた時代だが、未だに広告高ではテレビは王様。
制作者と視聴者それぞれの想いがつながらず。
テレビ制作の現場にいると、そんな気がする。
ギャラのところが制作費を左右していそうな感じはする。ただ、日テレの強さがこの表からもよくわかる。視聴率が安定しているところもあり。広告出稿もいい値段で取れているのではないだろうか。
このデータ合ってるのか、こういうときこそ業界の方々のコメントが気になります。しかしこんなデータ漏洩しちゃったらまずいですよね、製造原価は企業秘密ですからね。
往年の『めちゃイケ』『みなさん』を彷彿させる「怪物娯楽番組」の再来を視聴者は期待している? この前は早く終われって言ってたじゃないの。どっちなんだよ、適当だな。