新着Pick

職種・業界に関係なく「できる人」に共通する7つのポイント

ライフハッカー[日本版]
『できる人の共通点』(陰山孔貴著、ダイヤモンド社)の著者は、メーカーで会社員として働き、30代で学者の道に転向。現在は経営学者として大学に勤めているという、異例の経歴の持ち主。経営学は企業や働く人を対象にした分野であるため、これまでさまざまな企業の人々に会ってきたといいますが、そのなかで、あることに気づいたのだそうです。各会社・各業界で「できる」と言われるような人は、申し合わせたかのように同じよう
1139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
上手くまとまった記事ですね(*^^*)
本当に、こういった要素を持つ人は「できる人」だと思います。

強いて付加すれば、自分の頭で考える習慣」でしょうか?

ネットの進歩によって、検索すれば疑問はすぐに氷解してしまいます。
これが当たり前になると、「ああでもない、こうでもない」と自分の頭で考える習慣が失われてしまう恐れがあります。

誰かに教わるのではなく、自分の頭で考える。
結果が大間違いであったり陳腐であっても、考え続けた経験は力になります。
「直観から始まっている」というポイントに妙に納得してしまいました。

経験則が働いている直観、積み重ねによる直観。
=様々なことを経験していて多くの引き出しを持っているわけで。

また個人的見解として。
「できる人」は、自分が選択したことを正解にするパワーを持っている人だと思っています。
自分が選択した道は自身で責任を持って実らせていく。
これをできる人が成功した人生を送っているようなイメージがあります。

きっと人の決断や判断には「間違い」というものはなくて。
選んだものをどう調理していくかが“人間力”なのかなぁと私は思っています。

あとは「運」も本当に大事だと思いますね。
運、縁、タイミング。

そして、一番は「動き出す勇気」かな、と。(…自分に言い聞かせながら。)
チャレンジの回数を増やすには学ばないといけないし、やらないことを決めないといけない。
チャレンジの回数を増やすと失敗が増える一方で、うまくいく回数も多くなる。
7つの要素がどうとか言ってると要点が見えにくくなりますが、大切なのは質の高いチャレンジをどれだけ増やせるかって話だと思います。
鈍感力が強い(気にしない)、保守的でない(柔軟性が高い)、物事を原理・原則から考える(暗記して分かった気にならない)、ぐだぐだ会議するより直ぐに実行する(実行型)、全体像・ビジョンをもっている(ゴールが見えている)、時間と人間に対して無駄な付き合い浪費を決してしない(効率がよい)、最後に、人として魅力がある(人が集まってくる)
この7つは自己肯定感が高い方の特徴ですね
①「学ぶことがあたりまえ」だと考えている
ネガティブな出来事は成長のチャンスと捉えます
②人生に起きるすべての経験に「意味づけ」をしている
ポジティブな意味づけによりすべてに感謝します
③独自の「ルール」を決め、習慣化している
人からの評価ではなく自分の評価が大切なので
④「運」を大切にしている
自己肯定感が高まると運が良くなりますから
⑤「試行錯誤」の末に新たな価値を生みだす
先入観を無視しまずやってみてから後味で判断します
⑥明確な「判断基準」を持ち、不必要なことはやらない
自分にとって何が1番大切なのかが明確なので
⑦すべては「直感」から始まっている
直感の先に充実感が待っていることを学ぶためですね
7つの共通点すべてに賛成です!特に、共通点1 「学ぶことがあたりまえ」だと考えている、が大切だと思います。勉強に終わりなし!STAY GOLD!!
できる人は、人間的にも気持ちの良い人が多いです。
言い換えれば、周囲の人を巻き込むのがうまいです。
多くのビジネスパーソンのキャリアに関わる仕事をしていますが、記事に挙げられている7つはとても納得感があります。

基本的には未来志向と抽象化能力がキーだと感じています。

成功でも失敗でも次につながる意味付けをしますし、未来のための自己投資をはじめれタイミングが早い。どうにも必要にかられて勉強や行動をするのではなく、もっと早くに始めている。

具体的な事象や実務をそのままに受け取るのではなく、抽象化して体系化できる。たまから異分野にも適応でき、結果としてどこでもパフォーマンスが出せるように感じます。
概ねその通りかなと思いました。努力を努力と思わないというのも共通点ですかね。
健やかな精神と肉体を保つ考え方でもある。
結局はそれが、「できる人」なのであろう。
株式会社ダイヤモンド社(ダイヤモンドしゃ、英語: DIAMOND,Inc.)は、主に経済やビジネスなどの書籍や雑誌等を出版している日本の出版社である。1913年(大正2年)に、『経済雑誌ダイヤモンド』を創刊して設立。本誌は日本初の出版社系週刊誌となる。本社は東京都渋谷区に所在する。 ウィキペディア
新着記事一覧
「もし今日が人生最後の日だとしたら」落合陽一が悩むときに使う最強の思考法 - やるべきは「魂の色」を問われる仕事
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
2Picks

個人に合わせた更年期障害緩和のためのアプリを開発するVira Health
TechCrunch Japan
4Picks

「美しく控えめを強要」絶対呼んではいけないマナー講師のタイプ - 就活セクシズムが過熱した元凶
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
2Picks

“レジ袋の有料化”は本当に環境問題の改善につながる のか?「SDGs(持続的な開発目標)」が企業に広が る理由や、個人が意識すべきことなどを専門家が解説 - 最新記事
Diamond Online
5Picks

外資エリートは絶体絶命を「この英語」で切り抜ける
Forbes JAPAN
4Picks

五輪で国威発揚、選手に圧力=強権体制のベラルーシ
時事通信社
5Picks

つい悲観的になりがちな人が、すぐ身につけたい簡単な習慣
ライフハッカー[日本版]
43Picks

Amazon、アクセンチュア社員の転職先はどこ? 転職投稿サイトで見えた「真実」
Business Insider Japan
6Picks

燃え尽きる前に! 時間の使い方を改善する「朝のシンプルな習慣」
Forbes JAPAN
38Picks

大仁田厚の相棒が死去「いいパートナーだった」 プロレスラー保坂秀樹さん、49歳で
デイリースポーツ
2Picks