新着Pick

「足りないギガ」を個人間取引!? モバイルデータ取引サービス「DENT」が狙う日本進出

ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
396Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まずは、仮想通貨であるDENTの取引が日本で許可されるかですね。
大手キャリアが参加するとは思えないので、分け合えるとしたらMVNO同士になるのかな。日本市場に限定すると、MVNOのシェア10%のうち、対応するMVNOの利用者で、仮想通貨の取引が出来る人が対象となり、かなり狭い市場を狙う事になる。国の垣根を超えて、相互に利用可能なサービスにして、スケールメリットで収益を得ていくのだろうか。

個人の通信容量を売買して得られたDENTが、外部のサービスでも使えたり、流動性の高さは必要だと思う。
技術的にクリアできるなら素晴らしいコンセプトですね。それ以外にも外国人が現地のものを手軽に借りれるようになったら、国内のリソースがかなり有効活用されそう。
==記事引用==
渡航先で現地の人からモバイルデータを購入すれば、解決できるというわけだ。
アイディアは面白いですが、浸透するかはなんとも言えないですねー。香港拠点の会社らしいので、実際に使ったことのある人の声を伺ってみたいです。
mineoは既にできますよね。
面白い。
シェアできるものって思ってるより幅が広いんだな。これに尽きる。
「足りないギガ」は通信キャリア経済圏の新たな通貨になりそう