新着Pick
426Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フェルドマン先生には、理科大でも一緒にお世話になっている。日本人以上に日本に詳しく、アカデミックのしっかりしたベースがありながら、マーケットに対峙されているで、リアルなセンスも素晴らしい。また、実は、NRIの大先輩でもある。もちろん、アナリストやエコノミストの世界だから、以前から知ってはいたが、理科大に入って、より親しくさせて頂いたことが、理科大に入って、良かったと思うことの一つだ。
 信長に関しては、この記事にもある兵農分離に加え、楽市楽座、城下町の形成をした。秀吉も検地など、経済政策や、規制緩和、政府統計も関係する。
 この対談も見てほしい。
https://ssl.sugawara-p.co.jp/most-tus/mod_inquiry/newmot/inquiry.php

http://most.tus.ac.jp/newmot/column/detail.php?i=1101

なお、下記でフェルドマン先生と私とシャープのAIOTの方とパネル討論会をします。無料です。
理科大ビジネススクール「新MOTオープンハウス2nd」
-「新MOT=ハイテクMBA」体感し対話しよう -
開催日時; 2018年1月21日(日) 13:00-17:30
会場: 神楽坂PORTA 5F(理科大ビジネススクール)
申込: http://bit.ly/2Bty435
司会 / 関教授

13:00 ご挨拶 平川副学長
13:10 パネル1「新事業・起業を考えるあなたに」- 電機業界に見る復活と新規事業 -
パネラー /
シャープAIoT新規事業責任者(予定)
フェルドマン教授
モデレーター / 若林教授
14:50 パネル2「ダイバシティーで神楽坂の学び」
パネラー / 女性の理科大MOT修了生2名程度
モデレーター / 田中教授
15:50 教員ショート紹介/入試ご案内 (若林開設準備委員長)
フェルドマン氏の言うことは、いずれもその通りだと思います。ただ、ここで掲げられていることは、すべて長期的に取り組むべき課題。残念ながら、今の日本人は、この「長期的取り組み」がめっぽう弱くなったような気がします。
取材日も蝶ネクタイで来て下さったフェルドマンさん。信長から、日本のイノベーションを語り出す、その引き出しの数々が、日本研究の長さを感じさせられました。
2018年特集のほかの記事と併せて読んでも、アプローチの仕方は違えど、メッセージが同じ。
昨日のワークス牧野さん(下記)も生産性改革の話が出ていた。結局それをしないといけないという中で、それを進め切れていない。とはいえ、人口減していく環境というのは需給はタイトになっていくので、相対的には進めやすくなってあわよくばリープフロッグ現象(遅れていたゆえに一気に途中飛ばして進むこと)になってほしい。
https://newspicks.com/news/2713924
表題の「信長に学べ」については、以下のポイントが挙げられています。

①導入技術のハイブリッド化:火力の弱い火縄銃を日本の金属知識を使って遠く強く撃つ、雨天で使えなかった銃に漆の箱をかぶせて全天候型へ

②技術革新に合わせた組織: 長篠の戦いで信長軍が火縄銃の3人部隊化により間髪入れない攻撃を可能に

特に後段の指摘は当を得ており、環境や技術に順応した組織設計が重要であることは、いつの時代にも当てはまりますし、現在の日本の官民それぞれの組織へのメッセージだと思います。
【生産性と拡散力】
二十年来の友人フェルドマンさんのロングインタビュー。
ますますシャープになっている。
インタビュー自体は長いが、そのポイントは以下の3つ。

・若い人にもっとお金を使って技術革新を後押しすべき。
・技術革新の先にある拡散力がないと世界は取りに行けない。
・受け取った技術革新革新は、それを最大限に活用できる仕組みの変革を行った者を勝利に導く。


以下は、インタビューからの抜粋。

***

・今、働き方改革の議論が盛んですが、労働時間を減らせば、生産性が上がる、という短絡的な見方に思えます。
これは全く逆で、生産性が上がったときに、労働時間が減るのです。
・日本の「生産性」を考える上で、一つ考えていることがあります。それは、技術革新のDiffusion(拡散)が弱いということですね。(日本では)イノベーションは起きても、その拡散が弱い。
・(信長は武田に比べて) ずるいし、うまい。要約すると、(火縄銃のような) 新しい技術は「開発」もしないといけないんですけれども、自分の組織をその技術に合うようにしないといけないし、企業戦略もその技術に合うようなかたちで開発しないといけない。
・昨年の選挙で、安倍首相は「若い人のためにもっとお金を使うべきだ」と唱えて、選挙に勝ったわけですね。だけど、高齢者向けの歳出を削減していません。ここには、私は異論がありますね。
フェルドマン氏は大学に職を得て、これまでの当たり障りのない希望的観測を語る立場から、辛口の鋭い切れ味を出して行くかもしれません。そんな期待をのぞかせるインタビューで、今後に期待です。
アベノミクス1.0の金融緩和で、生産性の上昇が一年間だけになってしまったのは、拙速で上げ幅が大きすぎた消費増税が原因でしょう。
日本の企業、特に中小企業はイノベーションの普及フェーズに乗り切れないケースが多い。
普及のフェーズでポイントになるのは、組織変革。
トップがテクノロジーを学び、号令かけて組織にイノベーションを起こせるトップダウンも必要。
技術を組織を変えて使いこなせない日本企業はITでは古くて新しい問題。マクロ経済のフェルドマン先生がみごとにイノベーションを経済や経営との関係性で議論できるのを横目でみていて敬服です。来年度からの理科大ビジネススクールに期待ください http://most.tus.ac.jp/newmot 「新しい技術は「開発」もしないといけないんですけれども、自分の組織をその技術に合うようにしないといけないし、企業戦略もその技術に合うようなかたちで開発しないといけない。」
この連載について
日本が右肩下がりで衰退していった「平成」が終わろうとしている。もはや「昭和モデル」「平成モデル」にとらわれてはいけない。では、「ポスト平成」はどんな時代になるのだろうか。人間・仕事、テクノロジー、経営、日本、世界の視点から100人の智者が、2018年以降の未来を予測する。

業績

業績

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.91 兆円

業績