新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
商用車は総重量の制限があるので、本体重量によって積載可能重量が変わります。

そうなると、本体が重いクルマは荷物が積めない。

以前ノートとリーフを走行距離と燃料重量でざっくり比べたら、20倍違うんですよね。
(同じ距離走らせようとしたら、電池はガソリンの20倍重くなる)
しかも充電に時間がかかる。

この辺りがEV商用車の課題でしょう。
技術的にすぐ解決する話ではないので、どのように使用するかがキーかと思います。短距離のルート配送ならアリかも。

https://newspicks.com/news/2559368/

<追記>
参考までに。日本のフルトレーラー総重量規制は36トンまでです。
http://www.ktr.mlit.go.jp/road/sinsei/road_sinsei00000009.html
北米は約80,000LBS(36,288kgs)までです。

車両総重量と積載量
http://www.jta.or.jp/coho/hayawakari/8.sekisai.html
(よく齋藤陽さんが仰ってるお話です。)

つまり、車両総重量に制限があるので、その内訳である自身の車両重量は、どれだけ荷物を積めるか、という非常に重要なファクターです。運送業なら車両導入を検討する上で重要な情報。にも関わらず、テスラセミは自身の車両重量についてアナウンスありましたっけ?

ま、そういうことです。
「普及するとすれば、コストが重要」だと思う。だけど。Semiの受注は環境PRという側面が強いと思うし、実際の経済性で上回るのは相当厳しいと思う。すでにコメントがあるように重量が重いゆえに、電池の出力も必要=コストがかかるから。

物流という観点ではコストが重要。それを超えて導入をするとすれば、政策的に導入せざるを得ない時。その時にはメーカーによりコストプレッシャーが行くのと併せて、消費者にもそのコストの上乗せがいく。
社会的選択をどちらにするかということ。
本来、EV化は商用車からやるのが、筋。事業者がコスト計算しやすく、また走行ルートや充電に対してコントロールしやすい。乗用車から一気にやろうと思った、日産とテスラの独自事業戦略の「しっぺ返し」が今、商用EVが「いまひとつ伸び悩み」につながっている。
テスラの電動トラック発売など、商用車にもEVの波が訪れています。とはいっても、ある程度の量が出ないとコスト高になるため、各メーカーが苦心しているとのことです。
トラックって、乗用車と違って小型だとしても20万や30万キロは走る。
コストもとても重要だが、耐久性がとても大事。

仮に各社が市場に投入したとしても、正直、まだ技術が成熟してないEVトラックを購入するのは怖い。
大企業なら、一部入れ替えとかもありだろうが、中小企業はそんな余裕はないので…
台数が少なくてもいい、経済合理性もあるEVがぴったりの利用シーンを見つけ出してみたい!
みんな波で仕事してんの?
いすゞ自動車株式会社(いすずじどうしゃ、英語: Isuzu Motors Limited)は、主にトラック・バスなどの商用車を製造する日本の自動車メーカーである。1916年(大正5年)創業。 ウィキペディア
時価総額
1.13 兆円

業績