新着Pick
1173Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
人生に野遊びを。
人気 Picker
わたしも「遊び方改革」賛成派です。

本当に必要なのはもちろん働き方改革ですが、意外と簡単じゃないですよね、働き方を変えるのって。だったら、逆の遊び方からアプローチしてみるというのは一理あると思うんですね。

ヨーロッパの人みたいに長期休暇を取って旅行しましょうなんて号令をかけても急に変われるわけもないので、まずは自宅と会社の往復生活からほんのちょっとはみ出してみるだけでもいいでしょう。

外の世界を見る、他流試合をする。ライフネット生命会長の出口さんも「会社から一歩も出ない人は1ミリも成長しない」とおっしゃっていましたが、そんな些細なことから始めてみては。

お金をかけずにできる遊びもいまどきたくさんあります。

そそ、政府には、細切れの祝日を設けるのはやめて、企業に対して社員の連続2-3週間の有給休暇取得を義務付けるなど、思う存分遊んでもらえるよう制度的に促してほしいです。
日本人には「遊び=悪」という考えが刷り込まれています。

どうやら、明治維新後、西欧に追いつくための富国強兵政策を推し進める中で出来上がった思想だそうです。

聞くところによると、ウォール街でメチャメチャ働いている米国人は、遊ぶ時も徹底しているそうです。

罪悪感を持ちながら遊んでも、本当の遊びは体感できません。

一番手っ取り早いのが、「遊ぶことを仕事として命じる」ことでしょうか(笑)
「海外に行って徹底的に遊ぶのが君の使命だ」という業務命令を出すとか…。
なんとか改革とかやめにしない?この遊び方改革って言っても官製の働き方改革のアンチテーゼだし、自然体が一番。結局スローガンは長続きしないから。
遊び方改革を実現するには、個々人の意識変革だけでなく、やはり先立つもの(所得)が必要です。例えば、日本の海外旅行者数と一人当たりドル建てGDPはきれいに連動しています。遊ぶための時間を増やしつつ(労働時間が減少)、収入を増やしていくには、労働生産性を上げることが不可欠だと思います。
別にウェイウェイ系の遊びである必要はないと思います。

いわゆる「ライスワーク」以外の時間を主体性を持ってどう使うか考える余裕が必要なのかと。

遊ぶも良し、休むも良し、ライフワークをするのも良し。

ただ、多くのお疲れの人と面談している身としては、次の日に疲れが残ってないことが大事ですね。
遊ぶの、元々大好きですが、組織との折り合いが必要だということを、転職して所属を変える度に実感してきました。

前職はよく働き、よく遊ぶ組織だったので、むしろ皆これだけ働きながら、よく遊ぶなあと周りを見て感心したものでした。

一方で、休みを取ることをあまり快く思わない組織・上司とも出会ってきました。海外へ遊びに行くときは、1,2週間まとめて行く方ですが、1週間の休みを取るだけで色々言われると、「あぁ、この中で何年もやっていたら、遊び方を忘れるな」とも思ったものです。

そういう意味で、日本人は遊ぶことが苦手なのではなく、遊ぶことを空気で制限する組織風土に教育されてきたとも言えるのではないかと。ネクタイ外すのも、午後早めに上がるのも、皆一律で号令されないと許されない空気がありますからね。
よく分からない記事だ。「遊び方改革??」誰が誰の遊び方をどう改革するのだろうか??楽しいことを勝手に一生懸命やっていたらそれでいいと思うけどね。僕なんか、仕事も全て思いっきり楽しんでいるからね。(by自称「人生を楽しむことが天才な遊び人」より。)
確かに、当社の社員も半数以上直ぐに帰宅している。会社側もサークルや講演の紹介、また副業支援を強化し消費や幸福度に繋げる仕組みが必要かと。官民の本気度が問われる。
伊能忠敬は確かにすごいし学ぶところ大だが、「改革」の意味が不明かな。
「ワーク」と「遊び」と「学び」を対立概念で捉えているうちは幸せになれないだろう。
伊能忠敬が素晴らしいのは、学び=遊び=ワークであった点。「仕事の時間をこれこれで削ってその分を有効に」的なことを言っている人を信じてはいけない。一度きりの人生で、自分が何をやりたいかを考え抜き決意して、それを仕事としてやりぬけたときが一番幸せなんだと思う。
ナイトタイムエコノミー議連のボードメンバーでもある吉崎さんの提言。遊びと仕事の距離はどんどん縮まり、遊び(クリエイティブやデザイン、アート含め)がビジネスに付加価値を与えるようになっている。なぜMBAではなくMFA(芸術修士)なのか。観光消費だけの話ではなく、成熟しコモディティ化したあらゆる産業にとっての構造的な産業転換の話として極めて重要だと思います。