新着Pick
365Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
NewsPicksさんにインタビューの後編がアップされました。

これからの社会はフリーエージェント化し、働き方はプロデューサー、スペシャリスト、バックオフィスに分かれていくという話をしています。
人気 Picker
フリーエージェント的な仕事の仕方を2014年から始めています。農業関係で「営農計画&農作業」「農サービス開発&実施」「農業界の取材&発信」をすべてできる人材はまだまだ少ないので、こんな私でもお仕事をいただけています。
ただ「自由に専門性を生かして仕事する」というと聞こえはいいのですが、想定されるリスクも結構ありまして

①専門とする業界が時代の変遷とともに無用となる、もしくは人材過多となって安売り競争にさらされる
②自身が最前線でバリバリ動き、センス的にも時代遅れにならない期間は意外に短いかも

①に関して言えば農業界なのでなくなりはしないのですが、そもそも外注文化の薄い世界なので業界パイは小さいです。②に関しては私は43歳ですが50代になったら時代のセンスについていけない可能性は十分にあります。
ということもあって、現在始めているのが

①NPO法人で手堅い仕事を創造する
②可能な限り若手と組む

です。
①NPOに関しては「子育て支援」「女性の新しい働き方」を都市農業と絡め、収入度外視で自分の時間を投下、丁寧に構築する。②20代前半の人たちと事業企画を練り実施するとともに、娘たち(7歳・9歳・11歳)に仕事の現場を見せて手伝わせたり企画を立てさせたりする。

と書くとすごくリスク回避的に動いているようですねw
でも毎日楽しくやっております。キャッシュがギリギリなのも緊張感があっていいです。
橘玲さんの言う”インターネット上でのいい評判が価値を価値を生むようになってきている”説は、最近個人的によく感じます。

私の場合、少なくとも、新たに私にアプローチしてくださる方々の多くは、私のNPやLinkedinを含むSNSをチェックされています。
NPのコメント履歴が、過去の仕事(本業)での実績やレピュテーションと相まって、自身の価値を構成してきているような気がします
日本の会社の多くがまだローテーション文化。その中でどう専門性を作っていくか、は個人が危機感を持たない限りは、会社によってスポイルされていく状態は未だに続いていると思います。

常に新しいことに臨み、新しい人と触れ、新しい環境で、一瞬幼児に戻ったような出来なさ加減を体験し続け、苦しむことがキャリアを作り続けるように思います。

居心地が良くなりすぎた時が黄色信号。どんな年齢になってもリスクをとる選択をし続けたいですね。
嫌な相手とは付きあわない自由を手に入れる
嫌な相手と付き合わなくていいのだとなると気が楽です。自然にこれができるようになると身体が勝手に反応して、心地よい空間を作れるようになります。
"幸福の定義は人それぞれですが、不幸とは「何かがずっと気になっている状態」と定義することができます。"
なるほど。そう言われてみれば確かにそうです。
私の場合、仕事におけるストレスは成果が上がらないことよりも万全の準備ができない時でした。悔いのない準備ができた時、幸せを感じます。結果は良いに越したことはありませんが、あまり成果とは関係なかったような気がします。
「何かが気になる」というのはうまい言い回しですね。
復興や地域活性化でも、外に開かれた地域/コミュニティは発展し、内に閉じていると衰退していく傾向があります。企業・組織ももちろん取引の幅を広げ続ける必要があります。
これが、個人にも当てはまるようになったわけです。
私は2003年にマッキンゼーを卒業してフリーとなりました。役立ったのは企業への提案作成スキルでしたね。これがあったから、コンサルタントとて日銭を稼げたし、復興支援に仕事を切り替えてからも、様々な行政・企業と協働できています。
「現代社会において幸福度を引き下げるいちばんの原因が人間関係であることは明らかです。」

例によってエヴァンゲリオンを連想します。
ATフィールドとは心の壁であり、人は対人関係で悩む生き物であると描かれています。(私的解釈)

そこで疑問に思うのが、他の動物についてです。例えば群れで暮らす猿は、同じ群れの中での対猿関係で悩むのでしょうか。それともこれは人間だけの悩みなのでしょうか。
「逆にいうと、バックオフィスの仕事しかできない人の価値が下がっていく。これはいい悪いの問題ではなく、不可逆な流れです。」(本文中)

これは本当にそう思います。
「何でもやります」と「何でも出来ます」は違います。
若い世代で仕事が見つからないと言っている人の殆どが前者です。これからの時代、良いポジション、環境を手に入れたければ、スペシャリストを目指すしかありません。そんな中でも「何でも出来る」人はほんの一握りでしょう。
「クリエイターとスペシャリスト(専門家)の大半がフリーエージェント化し、会社に所属するのはバックオフィスの労働者だけになっていくでしょう。」

→フリーエージェント化の一方で、大企業においては、バックオフィスの労働者とうまくまとめるマネージャーの二極化が大きく進むのだと思います(プレイイングマネージャーという概念は薄まっていく)。でもこの流れは、一つの分野の中でクリエイター、スペシャリスト、マネージャー、バックオフィスという選択をするだけの話であって、ある分野ではバックオフィスとして生きて、ある分野ではスペシャリストとして生きるという、複業・複経営が当たり前になるだけの話で、誰が上・下という議論ではないことを切に訴えたいと思います。

一つの分野(例えば大企業)でこの議論を投げかけると組織へのロイヤリティがとか、雇用の安定が、とか本質的ではない議論になりがちなので。
この連載について
大きな時代の転換期が到来している。われわれの生活・社会はどう変わるのか?ビジネス・経済・政治はどう変わるのか? 人間・仕事、テクノロジー、経営、日本、世界。5つの未来を、日本と世界の賢者が予測する。