新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記部分は、構造改革でよみがえった企業からはたまに聞く話。
人はインセンティブの奴隷。なので、何を重視するかに評価を置くことは、良くも悪くも人を誘導する。特に企業や産業のフェーズが変わる中で、シェア・売上が重要なのか、利益が重要なのかは変わる。その時に評価指標と業務指標を適切に変えられるか。ただ過去の成功体験もあるので、言うは易し行うは難しの世界。
そして、在庫や不良品を燃やすこと。自分が携わる製品でこれほど悔しい体験というのはないと思う。でもだからこそ強烈な体験だし、そこから企業というのは変わっていくことは少なくない。
『営業担当者の評価の仕方から刷新した。売り上げが高くても、返品率が高い営業担当者の評価を下げたほか、営業月報も、売り上げより返品率が目立つような形式に変えた。実質的な利益への貢献を「見える化」したのだ。社員の意識改革をさらに進めるため、荒療治に出た。
 返品された大量の商品が、結局は焼却処分される現場に、営業担当を立ち会わせたのだ。08年のことだ。』
ちっちゃいネイルは10年以上前にエテュセがバラエティショップで売っていたのを覚えています。同じく300円くらいでしたがここまでの色展開は無かったです。大手メーカーとしてドラッグストアでも大々的にやってしまおうという判断ができることが、すごいと思います。

後半に出ているブランドマッピングが全てを表している気がしていて、それぞれのセグメントでやることをやってきた結果だと思います。中でも百貨店ラインは強く、コスメデコルテ、アルビオン、ジルスチュアート、アディクションなど、実は裏側がコーセーさんというのは意外と知られていないのではないでしょうか。
資生堂ののように派手さはないものの、着実に伸びて来ているKOSE。商品を絞り、戦略を変えたところが読めば簡単そうな話だが、他社がなかぬか真似できないというのはかなり強みだと思う。
株式会社コーセー(英語: KOSÉ Corporation)は、主に化粧品の製造、販売を行う日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
9,689 億円

業績

株式会社資生堂(しせいどう、英語:Shiseido Company, Limited)は、化粧品の製造・販売を主な事業とする日本の企業である。化粧品の国内シェア第1位であり、世界シェアでは第5位となっている。 ウィキペディア
時価総額
3.12 兆円

業績