新着Pick
104Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国では携帯電話さえあれば財布を持ち歩かなくてもいいと聞いてから、まだそれほど経っていないが、今度は決済の時にその携帯を取り出す必要もないという。
決済の革新のこの目覚ましい発展は、新技術と制度、ネット企業と既存の金融機関、民間と当局の、他国では見られないような一体的な取り組みによるものである。
日本から見れば羨ましい状況にもみえるが、蓄積される情報さえ政府と一体的な利活用が進むとすると、ユーザーはどう感じるのだろうか。
中国のユーザーは慣れている(あるいは諦めている)のかもしれないが、他国のユーザーはそれをやすやすと受け入れるのだろうか。
最も怖いのは、世界最大規模のネット企業が本気で金をばら撒きながら日本の市場を狙い撃ちしてきたときに、気づかないうちにデファクトスタンダードを握られてしまうことだろう。
そうなると、僕らは世界中どこに行っても、一対の瞳があれば中国当局にその行動が筒抜けになる。
キャッシュレス化の進んだ中国でも、ATMのニーズはなくならないということなのだろうか。老人以外は全く現金を使わなくなったと聞いているけど、そんな中でかなり高価であろう虹彩認証ATMを大量導入する農業銀行は、どんなビジネスモデルを描いているのだろうか。
そもそも銀行使ってないでしょう
クレジットくらいしか
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

業績

百度(バイドゥ、)とは、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する企業である。創業は2000年1月で本社は北京市にあり、その他「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。 ウィキペディア

業績

業績