新着Pick
275Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
宝飾品ブランドからライフスタイルブランドに変わる苦悩と難しさが現れてますね。バズるアイテムとしては面白いが、セレクトが突飛過ぎて、ライフスタイルに落とし込まれないだろう。スポット企画からは抜き出ることがなさそうだ。
6万円の三角定規で笑ったが、100万円を超える毛糸でぶったまげ、続く一連の動画でティファニーが精神を病んでないか心配になり、そして「ティファニー」とはなんだったのかわからなくなった。

紙コップ風コップならぱ、ロブ・ブラントの「Crushed Cup」(1975年、オランダ、約1400円)の方がまだいい。持ってたけどどこかに行ってしまった。

https://cosha.jp/store/products/detail.php?product_id=48
一度だけN.Y.ティファニーに行ったことがあります。1998年だったと思いますが、テレビ番組のロケで南米アマゾンの奥地で1か月すごした後、俳優の故渡瀬恒彦さんのご家族土産購入に同行しました。
タクシーで向かったものの運ちゃんが「ティファニーなんだそれ?」というもので下っ端の私が通行人に「あのーティファニーどこっすか?」と聞きまくったもののほとんどの人が「なにそれ?」という顔をしていたのが印象的です。
ちなみに当時、大学探検部上がりの新卒だった私もティファニーというのが何屋さんかも知らず、奥アマゾンの探検スタイルのままでした。
「ティファニーで朝食を」という映画があるのは知っていたので、喫茶店みたいなところのイメージがなんとなくありました。
なんとかたどり着いてみると店内は100%日本人だったので、ああ、ニューヨーカーにとってはどうでもいい店なんだ・・・と納得しました。
入店後は渡瀬さんへのサインを求めるお客さんを食い止めるのが仕事となりました。
もちろん当時の私にとってはティファニーのアクセサリーの価値みたいなものは欠片も感じるセンスがなかったので「日本人は妙なものが好きなんだな」ぐらいな感想でした。
いい思い出です。
ティファニーは昔から、こういうグッズをお手頃価格で提供してたと思う。で、これってプレゼントとしては最高だと昔から思っていた。

プレゼントって「絶対自分じゃ買わない物」が良いプレゼントだと思っていて、この可愛いくて無駄な紙コップとかプレゼントに最高。

僕はこのラインナップ、プレゼントどころか全部欲しい!!ティファニーの、こういうところが好き!!

追記)
この紙コップは、ジェフクーンズのオマージュじゃないかな。日常的なプレゼントを超高級品にするっていう。でも、ヴィトンと今コラボしてるから、あからさま過ぎるけど、、、
紙コップ風の陶器のコップやヨーヨーを、ティファニーが販売するそうです。今年、バレンシアガの紙袋風レザーバッグがバズったのでちょっとマネしちゃった感じですかね。ブランド・ポジションが違う気もしますが…

▼「バレンシアガ」話題の"紙袋バッグ"が店頭で発売
https://www.fashionsnap.com/news/2017-07-25/balenciaga-shopping/

謎のアイテムと言うと、シャネルのブーメランも相当だなと思いましたが、そもそもパリコレも普通には着られない服多いし、チャレンジは必要ですよね。流行り物に乗っかった感じはダメなんでしょうが、そのさじ加減がデザイナー/クリエイティブディレクターの腕の見せ所。

▼シャネルが15万円のブーメラン 批判相次ぐ高級ブランド、進むべき道は
https://forbesjapan.com/articles/detail/16324/1/1/1
凄いですね。。
昔はブランド物の紙袋も重宝されましたが、これを購入する層は相当限られた層
ではないかと。とはいえ、富裕層ビジネスの経済効果も大きいので看過できませんが。
ブランドが提供するのはもはやモノではなくなると思うけどな~
ティファニーなら本当に「ティファニー朝食」を作ればいいのに、と思う。
一食5万円くらいの卵かけご飯とか…
ティファニーは、高級宝飾店とはいえ、シルバーのアクセサリーなど、比較的手頃なものもありますよね(バブル期のクリスマス前は、オープンハートを買い求める男性が行列を作ってた)。
結婚祝いなどで喜ばれそうな日用品も揃っていますし。
三角定規なんかは富裕層の子どもが使いそう。毛糸玉だけはよくわかりませんが…
ノベルティじゃなくて、商品なんですね・・・
インスタ映え狙ってのホームパーティーなんかで活躍しそう!
面白いが、ちまたにティファニーのロゴ、カラーが溢れてしまい、結局はブランド価値を落としているとしか思えない。

業績