新着Pick
327Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは面白い。
コメダ珈琲って、名古屋で大学時代を過ごした人間からすると、名古屋のちょっと変わった喫茶店、というぐらいのイメージでしたが、もはやカフェ業態で3番手まで来てるんですね。
スターバックスが家と会社に次ぐサードプレイスという概念を軸にしてるのは有名ですが、コメダ珈琲も「家の外のリビングルーム」という軸があるとは知りませんでした。
確かにアットホームなあの雰囲気は独特ですよね。
本部が強い外資系の外食チェーンに比べて「喫茶店やぞ、お前。そんなの本部があれせえこれせえなんて言うのもおかしいやろ」という発言がとても印象的です。
ある意味トップダウンではなく、ボトムアップのカルチャーで喫茶店を全国に拡大するとこうなるということだと思います。
一方で一時期は行き過ぎたボトムアップで失っておるものも多かったはずで、両方の良さをバランス取るために気を配っておられるのが良く分かるインタビューでした。
目的をベースに自律的に良い方向に動く組織をどう育むか。個別具体的な事象は色々あって、それの正否は文脈によって違う。だからこそ、目的意識が浸透して、個人・個店でそれベースで判断出来れば、大きな問題は出ずに、むしろ生き生きと進化していくと思う。
ただ一定の規模を過ぎると、目的を伝えていくこともツーカーではなくなっていくし、一定の性悪説も考慮しないといけない現実に面さざるをえないのが、どこの組織でも起こることだと思う。
そのバランスをどうやってとるかこそ経営の組織面での肝だと思っている。具体的にその工夫までは分からない、というか組織面ってこうすればできるというものでもなく、きわめて個別性が高いもの。でも、記事を読む限りは目的ベースで自由を与えていく方向でやっておられるのかなぁと感じた。弊社も同じ方向を志しているので、色々共感するところがあった。
そんな裏メニューがあるのですね。チェーン店はどこに行っても同じメニューが当たり前にあるものだと思ってしまいますが、そんな裏メニューがあるなんて驚きです。

満足度についてのお話はとても納得できました。日本人的発想だと今どきは減点されないことばかりに気が回りがちですが、それでは確かに選ばれない。突き抜けるものがないといけないというのは確かにそうですね。

忙しい人が多い都会だと無駄なサービスは必要なく、面倒な決済はより早くを求められると思いますが、地方だと店員さんとの会話などを楽しむ人も少なくないです。それが居心地に繋がる。自分は常連ではなくてもほんわかする会話を聞いているとこっちも心温かくなります。
面白いです。FCと本部の関係性は非常にナーバス。よいバランスを取る努力は互いに必要です。

それにしても、たまに出会うとんでもなくおいしい裏メニューとやら、食べてみたい。
まぁこうなりますよね。私的には、ニッチな路線で高価格・滞在時間長いというセグメントをブラッシュアップして高利益体質な存在になっていただきたい。