新着Pick
321Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Yasudaさんがコメントされている「第四の理由」、とても同意。一種のプラットフォーム戦略で、Google出身者のスピンアウト含めて方法論が広がることで、人材採用や買収したときのインテグレーションがしやすくなると思う。また、派生版ができることで、そこでよい方法が生まれたら取り込みやすい(手法のオープンソース化によって、Google自体の手法も進化できる)。
とことん社会貢献を意識し、追求する会社ということなのですね。本業の企業経営でそれを実践するだけでなく、社会に還元できるものは何でも与えていくという姿勢。本当に素晴らしいと思います。グーグルの強さはこういうところにもあるのですね。
グーグルのマネジメント手法はごくごく基本的と。そして協調性のCEOの強調。それを徹底しているかどうかが違いか…「私はチームワークを非常に重んじており、従業員同士が協力を心から望むような組織をつくることが、本当に重要だと思います。すべてはそこから始まります。協働的な文化の構築は、私が取り組んできた大きな課題の1つなのです」
何も考えてない人事に教えてあげたい!実行できる人いないのだけど。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア