新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

1647Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
読んでて超ワクワクした。孫さんは好奇心の塊なんだな。灘に居るとそれこそ数学オリンピックのメダリストや中1で東大模試で理三のA判定取るようなぶっ飛んだ子達がいるけど、多くが医者になる事を才能を勿体無く感じていた。こうした出会いで異才が多方面で花開くと素晴らしいな
ソフトバンクの孫さんが、天才たちを育てるために、前代未聞の「孫正義財団」のプロジェクトを始めます。海外留学、最新のマシン、あらゆるものをサポートして、才能ある子どもたちを支援する、一種の「天才工場」です。

そのきっかけの1つが、超多忙な孫さんが、密かに見ていた「クイズ番組」にあったという事実は驚きでした。液晶テレビごしにまで、才能をさがしつづけているとは、尋常じゃないです....。

NewsPicksでは、孫正義が私費を投じてチャレンジする、この「天才工場」の内側をレポートしていきます。その第一弾として、このプロジェクトを取り仕切っている右腕の方々に、舞台裏を語ってもらいました。全3回にわたって、がっつり書きます。どうぞご一読ください。
アレもできるコレもできる、と自慢げに話している子供たちが、段々出る杭を打たれて丸くなっていくのは残念ですよね。早いうちから支援して、その方向で突き抜ければいいんだよと伝えてあげられれば、のびのびとその才能を活かせるように思います。
個人的には、日本でも大学への飛び級を認めればいいのにと思います。
おれもやりたい。
坂本龍馬は気になる人がいれば、会いにいき意見交換をして、土佐から人脈を築いていったという。孫さんには、やはり現代版の坂本龍馬というイメージがぴったりだ。
泣けました。。。


私は別に頭がよかったわけじやないけど、何もないど田舎で育って選択肢があることも知らず、かといってそんな周囲に疑問を感じるわけでもなく、でも、とにかく全てが不満で悶々と、ひたすら何かに怒り続けた思春期を過ごしていました。

ここに出てくる子どもたちは才能的にも環境的にも私とは比べものにならないハイレベルな子たちと思うけれど、才能を認めてくれて、やりたいと思ったことを金銭的な面から支援してくれる大人の存在というのは、きっと未来につながるし、社会を肯定的に受け止めてくれることにつながると思う。

ほんとに有難いなぁ。
ひとり一人の個性を究極まで伸ばしたい、その表れが「天才工場」だと理解しました。テクノロジーが入って来ることで、「天才」と呼ばれる子どもたちだけではなく、多くの子どもたちにとっての個別の学びが推進されるのでは。もちろん、伴奏者が必要な場面は多々あると思いますが。

基礎学力はある程度必要だと思いますが、その土台の上を形づくるものは凸凹があっても個人的には良いと考えています。
勝負強さはどうやって決まるのかを研究したい
"孫からの電話がいきなり鳴るわけです。「おい、見てるか?」って(笑)"
孫さんのこういうやりとり、なんか懐かしいですね。
昔はtwitterでしょっちゅうやってましたよね。「やりましょう!」ってやつです。私たちの孫さんイメージそのまま笑笑
記事の要素部分だが「脳の仕組み」は最近とても気になっている。

最近、スポーツ科学がどんどん発達している。そして筋肉だけでなく、脳の働き方などについても研究が始まっている。トップクラスとなると、脳の働き方が違ったり、あとは身体自体が普通の人と違う動き方をしている。

天才やアスリートに限った話ではなく、得てして、当人にとってできることは、ほかの人もできると思いがち。だけど、脳の働き方は人によって違うはずで、得手不得手がある。あとは力の差はなくても、抵抗感を感じることと感じないことの差などもある。
そのなかで、できるようにならないと、苦しむ(伝えているのにできるようにならない、できるだろうと言われているのにできない)。
そこのギャップについて、脳の働き方を見て、客観的に得手不得手という「事実」を把握できないだろうかと思う。得意でなくてもやりたいことをやってみるのは個人の選択。だけど、「当たり前」のギャップの差で苦しむことは、個人的には健全とは思わない。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.8 兆円

業績