新着Pick
732Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
音楽、ファンクラブを中心としたメディア、EC事業。この音楽を小説・マンガにすると、コルクが挑戦しようとしてることと全く同じ!クリエイターは、このようにして生きていくと思う!
結構ちゃんと考えてる人よ
いろいろやっているように見えて、実は受身だった、というコメント、実は私が最近感じていることでもあり、共感します。
タイミングを考えると高校卒業後プロ入りしたスポーツ選手が引退後のキャリアを考えるような感じですね。人生100年戦略を考えたらキャリアの複線化、スモールスタートするのは賢明だと思います。
アーティスト、クリエイターが受け身でいい時代は終わりました。発信の意識、その手段を持ってこそ、自己の表現は結実すると思います。
そこに、地方とのコンタクト、文化の継承に必要な知識や情報の開示、職人とそのコミュニティにおける経済活動を加えた柴崎さんのオリジナリティには、感動です。
三本柱のうちの二つ「メディア」と「EC」事業は、ユニークなコンテンツさへあれば、芸能人でなくとも誰でも出来る時代ですね〜。
クリエイティブの才能は相当あることは実績で証明済。(と私が言うのもおこがましいが)それを、組織で展開する際には「言語化」が避けて通れない。「目的共有への語り込み」「不断のコミュニケーション」「クリエイターとしての自我をコントロール」ができるかがポイント。これの実行可否がクリエイティブ事務所が分断するか、成長するかの分かれ目。頑張って欲しい!(と私が言うのもおこがましいが 二度目)