新着Pick
874Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マーケティングが難しすぎて、マーケティングをダメにしている。

とある日本の大新聞社の、マーケティングオートメーションセミナーで登壇したとき、まぁビックリした。参加者200名のうち、99%が男性。なんと女性参加者は1人のみ。

ラスベガスで、マーケティング・カンフェレンスに参加すると、過半数は女性だぞ。くるくる巻き毛で、ぴったりドレスをきた、これから踊りに行く女性の話に耳を傾けると、当たり前のようにプログラミングについて教え合い、笑いながらデジタルマーケを語っている。

日本じゃ、マーケティングは中高年男が独占しているから、メールの一本も出せないまま、デジタルマーケを議論するだけ。

私は、マーケティングの世界を、もっと女性に解放したい。
記事を担当しました。
なぜ、ネスレがショートムービーにこれだけ力を入れるのか。個人的趣味じゃないの?と思う節もあったのですが、そこにはちゃんとマーケティングの目的がありました。すでに認知が90パーセントを超える商品のエンゲージメントをどう高めるのか、テレビでリーチ出来ない層にどう届けるのか。目的が極めて明確でした。
ネスレの売り上げで、ECの割合が15パーセントを超えているのは驚きでした。オウンドメディア、重要ですね。
最近私もマーケティングが単なるアイデアではダメで、「顧客の問題解決」を目指していないといけないと感じます。

石橋さんがおっしゃる通り「顧客自身が気づいていない問題を発見し、解決策を見いだせればイノベーションになり得る」

イノベーションっていうと、ベンチャーや天才的経営者しか実現出来ないように思いがちですがマーケティングからもイノベーションは生まれる。

一方でその為には頭でだけ考えるマーケティングではダメで、ものづくりや、消費者体験も理解していなくてはいけない。

いろんな意味でマーケティング、イノベーションには総合的な知識と経験が必要であると言えると思う。

そしてその統合性がマーケティングの民主化、イノベーションの民主化をもたらすことになる。

マーケティングはイノベーション!
そう考えると目線が上がりますね。
素晴らしい定義!
--

石橋:ネスレではマーケティングを「顧客の問題解決のプロセス」と定義しています。顧客を定義し、問題を探し出し、解決策を生むこと。これが私たちの考えるマーケティングです。
この定義に照らすと、カスタマーは必ずしも最終顧客とは限りません。
従来は、メーカーなら小売り、卸、あるいは消費者がカスタマーでした。しかし、今の我々にとっては、人事などの他部署も、OB・OGも、将来社員になるかもしれない学生も、カスタマーです。
マーケティングとは、問題解決のプロセス。マーケティング部門だけの仕事ではなく、全社のあらゆる部門がマーケティングをする。いわゆるマーケティング経営です。つまり、社員おのおのが、自分たちの業務の中に存在する「顧客の問題解決」を目指しています。
まさにこれ!マーケティング部署だけがマーケティングを語っている組織はマーケティングが機能してない!

>マーケティングは決してマーケティング部署のものではなく、ビジネスそのものという理解が社員に浸透しているのですね。
デジタルで如何にリアルにつなげるかかな『デジタルで得られないものはやはり「リアルな体験」です。モノでないと体験はできないことがあります』
→ネスレではマーケティングを「顧客の問題解決のプロセス」と定義しています。

ネスレではと言うよりもマーケティングが持つ本来の意味は問題解決なので、その事実が浸透していないのはデジタル化よりも大きな問題ですね。
トランスフォーメーションが目的ではない、手段としてのデジタルだという一見矛盾したような見解で始まるインタビューですが、語られているのはチャネルやアプローチをデジタルでどのように変えるかというトランスフォーメーションそのもの。
結局はマーケティング活動や顧客体験をどう変えて(=トランスフォーメーション) 新たな価値を提供するか(=イノベーション)が目的なんですよね。
ネスレではマーケティングを「顧客の問題解決のプロセス」と定義しています。
_φ(・_・
この連載について
NEC
NECは、先進のICT技術・サービス・長年培った知見を融合して、世界の人々との協奏・共創をとおして社会課題を解決し、より明るく豊かに生きていくための「安全」「安心」「効率」「公平」な社会を実現していきます。「Orchestrating a brighter world」には、NECの強い意志と未来への想いが込められています。ビジネスに役立つ最新情報と、NECの最新ソリューションや技術の情報をお届けします。
ネスレ日本株式会社(ネスレにっぽん、ネスレにほん)は、スイスのヴェヴェーにある売上高世界最大の食品メーカーネスレ (Nestlé S.A.) の日本法人である。日本ではコーヒーが主力商品だが、菓子やパスタ類なども扱っている。本社は兵庫県神戸市に所在。2013年に創業100周年を迎えた。 ウィキペディア

業績