新着Pick
139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
EMSというか大手Tier1が既にシステムサプライヤーとして十二分にに存在感を発揮している。自動車メーカーは内装なら内装の、運転席のインパネならインパネのTier1に仕事を一括発注している。これらのシステムサプライヤーが更に下請けのTier2に個別のモジュールや部品の仕事を振る。

もちろん三井物産が出資するアンドロイドインダストリーズやマグナ シュタイアーのような事例もあるので、EMSに可能性が無いわけでは無いだろう。全否定するのも如何なものかとは思う。実際にアンドロイドインダストリーズは成長しているというし。

以下参考記事(2014年の記事ですが)
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLZO75230680U4A800C1FFB000

各社生産規模を拡大させたいときに投資を絞ろうと思えば組立事業を外注化する可能性は十分にあるし、それによってある一定の規模を拡大させようとしていることは間違いないだろう。これらの組立外注はもちろんfoxconnとは次元の違う生産技術力が必要だし、生産用の装置も規模感が違うだろう。電子部品の搭載は主にSMTや半田リフロー、そして、筐体への組み付けだが、スマホでも部品は多くて1000点。自動車は30,000点もあるがある程度モジュール化されたものが届くと仮定すればEMSに必要なものは巨大なロボットアームだったり溶接機、塗装ラインだったりするだろう。必要となる設備、技術が異なるので、電子部品EMSに強い台湾系が自動車で優位性があるかというと非常に疑問ではある。

だが、自動車の外注組立は可能である。電子部品とは方向性や中身は異なる。
iPhoneの製造で知られるFoxconnは電気自動車の製造の準備を進めています。製造から利用まで、EVの拡大によって、自動車のエコシステムは激変するでしょう。
すごいな、落合さん話したことないけど、ビジネスもやってるのか。バイタリティ溢れてる。大学の先生がベンチャーもやるのはアメリカの大学ではよくある。アカデミアから産業への技術移転が促進される。

ただ、IPの問題がある。アメリカの大学はIPを収入源にしているが、先生から見ればIPを大学に取られたくないので、プロジェクトを大学ではなく自分の会社のものにする、ってケースを聞いたことが。日本の大学ではIPはどうなってるんだろ?
電化するというだけですぐにEMSという結論に持って行く。
こういう方多いですね。

電子部品が多く実装されようとも、メカが切り離せない自動車製造はEMSのようにはいきません。電化されてもトランスファーは不要になりませんし、自動運転でステアリングがアクチュエータで動かされてもステアリングラックは不要になりません。ましてボディや構造物の金型製造はノウハウの塊です。

回路図や基盤パターンのCADデータ持ってきて(又は基盤図面を作成して)、製造時ハンダ槽の温度管理に気をつければ出来あがる電子回路とは随分違うと思いますが。
2017年9月27日20時です.
もうこの記事は表に出てこないと思うので以下は独り言.
数を数えてみた.

コメント数 38
賛成コメント 16
反対コメント 14
不明コメント 8

総Like数 219
賛成意見に投じられたLike 91
反対意見に投じられたLike 114
不明意見に投じられたLike 14

以上,独り言でした.
きじだ
(校正確認のないメディアはNPおじさんが喜んでネタにするので楽しい)
世界最大の自動車メーカーがFoxconnになる日も遠くないと思うけど、EV化と一緒に進むので日本で現実になるのは先かなぁ #EV #tesla #foxconn #EMS #autonomous #car
おまかせします。。。
アイシン精機株式会社(アイシンせいき、AISIN SEIKI Co.,Ltd.)は、トヨタグループの自動車部品メーカー。日本の他メーカーや、フランスのプジョー等の海外メーカーにも部品を供給している。CIは「Geared up for the future」。 ウィキペディア
時価総額
1.43 兆円

業績