新着Pick
344Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
今回に限った話じゃないけど、自分ルールを通した人間に対して「子供だ」と批判する旧型タイプの、視界の悪さときたら。。

これから先、どんな仕事が残るかがまるで見えてないんだろうな。


あと、今回の森田さんのアレやコレは、単純にムカついたけど、このままだと後味悪いので、ちゃんと謝って、呑みに行きます。
人気 Picker
まぁ子会社ですから、そこのCIOが取締役でも、執行役員でもどうでも良いですし、森田さんの言っていることは、それ自体はその通りなので、西野さんの認識不足か、エボの説明不足なんでしょうね。まだこのタイミングで良かったんじゃないですかねー。少なくとも西野さんのコメントを読む限り、上場関連の仕事に絡む心構えとは程遠いです。

引用
森田さん曰く「株主側の立場」とのことなので、その言葉を尊重し、これがエボラブルアジアの株主さんの意見と判断。
ならば、自分はそんなところで働きたくはないので、即刻、マネージャーと、会社の代表に、「辞めます」と連絡を入れて、さすがに承諾をいただいたので、エボラブルアジアのCIOを辞めます。
価値観や背景、生き方が異なるもの同士の初めましてのコミュニュケーションは注意が必要だというのが改めて良く分かる事例。とある文脈で失礼なことをされた時、対外国人なら寛容にもなれるが、日本人同士だと大枠では言語や文化を共有しているので逆に寛容さを失いやすいという場面は意外とあると思う。リアルな場面では柔軟に修復できても、ネットは良くも悪くも感情の増幅装置なので、特に注意しなければならないだろう。大きな目的があってそれを達成するために、もしくはその達成を早めるために必要な相手であれば、ファーストコンタクトでその相手を失うのはもったいない。自戒を込めて。
C●Oという肩書きがつけば立派な経営陣(業務執行側の)。対して監査役も経営陣(業務監督側の)。

経営陣の去就であるからこそそりゃいろいろあるでしょう。しかしこのご両人。いずれの立場にせよ経営陣あるいはその候補であるならば人事のことについては沈黙を守るのがマナーでありルールです。就任のときも退任のときも。

そんなごたごたを社外や社会に向かって暴露してお互いに罵り合う経営陣なんてわたしは聞いたことがありませんよ?「一から経緯をお話します」って誰に向かって話すんでしょうか。こんな有り様のごたごたを株主や投資家や社員や取引先はどう見るか。考えてみたことはあるのでしょうか。

ご両人ともに経営陣としての資質に疑問を感じます。これで会社の企業価値はあがったんですか?むしろこの会社のガバナンスのあり方に疑義をもたらしたのではないですか?で。CEOはこの乱闘を見て何をやってるんです?

株主や一般人(「消費者」=「お客様」だったり「投資家」という定義でもあります)に向けてバズること前提の言動は危うく感じます。
残念ながらこれは西野さんが上場企業の意味も、監査役の意味も理解していないで引き受けたことが問題ですね。株価見てないけどなんらか影響していたら、株主代表訴訟で訴えられる可能性すらあるパターン。

>自分ルールを通した人間に対して「子供だ」と批判する旧型タイプの、視界の悪さときたら。。
これは未上場企業ならば別に「どうぞご自由に」でよろしいけども、上場企業は公。すなわち自分ルールじゃないので前提からおかしい。


ちなみに西野さんは大好きです。笑
CIO = Chief Investment Officerにてゴリゴリ投資意思決定を率いるのかと思ったら、違った。Innovationでした。

昔の東ハト中田英寿さんの「Chief Branding Officer」みたいなPR効果狙いだったのでしょうかね
信頼社会におけるプロトコルをわかってる
人間が高速でコトをひろげてく社会の実態とのズレの好事例
(そのために、学歴社会のプロトコルで生きてる方を多少ディスる戦術をとるのは、西野さんの芸風として)

それにしても西野さんの首尾一貫力はすごい
議論をおこしながらも
立っているところが、未来におきる場所だから
いい議論がおきるし、前のプロトコルで生きてる人たちから、いい反感をかうことができる

もちろん、前のプロトコルも大事だけど、前のプロトコルを盲信して、次のプロトコルの可能性を踏みにじるというのがうきぼりになる
西野さん、その対応で良いと思いましたよ。私も、同じ状況でしたら同じ対応を取っていたと思います。もうビール飲んで忘れましょう🍻頑張ってください!
西野さんのブログ、面白いのでよく見させてもらっていますし、つい最近の日向くん読書感想文のブログ・やり取りは純粋に感動しましたが、今回のブログは何というか、面白さを感じませんでした。

西野さんなら面白い所に着地されると思ったんですが。

<追記>
飲みに行かれるとこのこと、やっぱり面白い方ですね。
全て水に流す!
SNS上のコミュニケーションってなかなか難しいな、と感じました。SNS上では批判された方は批判した側の数倍の重みで受け取るものなんだと思います。ちょっとした弄りであっても、すごく重く受けとられるリスクがあるのでしょう。気をつけたい。

業績