新着Pick
311Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AIは現在の雇用を大きく奪うでしょう。もちろん新たな仕事はいろいろ登場します。問題は、職業転換が過去うまくいった例がほとんど無いことです。

大きな就業構造変化は、農業⇒工業⇒サービス業と少なくとも2回ありました。工業化の際には、中卒者を金の卵ともてはやし、企業内教育で対応しました。サービス業化の際には、大学新設で定員を大幅に増やして対応しました。つまり、職業転換ではなく子供の教育によって対応したのです。30年もあれば自然と世代交代で人が入れ替わってゆきます。

今回のAI化(というよりデジタル化)でも、基本的にはデジタルネイティブな今の子供たちが、新たな職業についてゆくでしょう。しかし、今回は問題があります。
 ・30年ではなく15年でデジタル社会に移行しそう
 ・定年延長で世代交代に30年ではなく40年かかる
したがって、本気で職業転換を図らないと失業者があふれる危険があります。
その歴史とは違うことが起きようとしてるんですけど。
歴史から学べるのは歴史から学べないことだけ
歴史そのものが学ぶ対象です
当然。AIが今ある仕事を代替わりすることで新しい仕事が生まれる。重要なのは過渡期にちゃんと職業訓練と所得の再配分を行うこと >歴史は語る:技術革新は人間の仕事を奪わない
AIの導入・浸透で大きく変わるのは、人が行う仕事として求められる価値のタイプのシフトです。

意識とか論理的思考とかのインテリジェンス系はAIの圧倒的な能力に凌駕されて、早晩コモディティ化するのは避けられないでしょう。

代わりに人に求められるのは、気づかい/ふれあい/共感といった「感情労働」型の仕事になると予測されます。
物的な財の効率的な生産や、そのためのマネジメントに有用であったインテリジェンス系の能力/仕事がコモディティ化し、感情財、官能財が価値を高めて、現在とは全く違った産業構造と賃金報酬体系に変わって行くと考えています。

この記事のキャプションも「プロフェッショナルの仕事が変わる」となっていますが、「プロフェッショナルな経営コンサルタント」や「プロフェッショナルな金融エンジニア」から、「癒やしのプロフェッショナル」や「共感のプロフェッショナル」に脚光が当たるようになると思っています。
仕事は常に変わっています。70年前に就業人口の半分を占めていた農業従事者は、今では1%以下です。AIなどなくても、仕事の半分は無くなったのです。別にこれは一例です。
 それは良い悪いの問題ではなく、人間が進歩を求め、成長しようと挑戦することの裏返しです。特定の技術が理由で仕事が変化するのではありません。我々は進歩を求めるゆえに、変化を同時に求めることにならざるをえません。それが仕事を変えるのです。
車の普及で馬車の御者は用無しになったが、その代わりに車の生産工場での働き口が見つかった、というような話はよく聞く。AIは我々の生活を豊かにしてくれるものであり、敵ではないと楽観視していれば良いのだろうか。
人間の仕事そのものはこれまでもテクノロジーによって激しく塗り替えられてきていますし、単純かつ苦痛なものからは開放されてきています。AIの活用によってこれまで以上の範囲でそれが起こってくることは確実。ただし人間は常に課題を見つけ出していきますので新たに定義され続ける課題を解決していく「仕事」が無くなることはないでしょう。むしろテクノロジーや事業、オペレーションを課題解決に結びつけていくという点において、これまでも、今現時点でも、人間はむしろうまくやれていないので、今後は今の仕事から開放された人間がもっと本質的な課題解決に向かっていけることを期待しています。
AIは一部の仕事を奪うが、当然新たな仕事も生まれる。インターネット登場前後と同じような話だと思う。

問題は、職業転換が急速に求められることで、AIについては、専門家任せにせずに誰しもがもっと勉強すべき、と自戒を込めて。
職業はなくなるもの、生まれるものもある「機能性は満たしつつも、もっと造形的な美しさを追求しても良いのではという人々の欲求から、20世紀初頭になると…「デザイナー」という職業が生まれたのである。」
インターネット登場のときと同じ道をたどると思います。インターネット登場のときも散々雇用がなくなるのではという議論がなされました。