新着Pick
391Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この座組みだと、恐らく固体型のSS-520発展型のロケットを主力とするビジネスなんだと思う。前回の失敗の原因対策はそんなに難しくないだろうから今年から来年にかけて打ち上がると思いますね。民間法人を立ち上げたのは国の予算確保が難しいからだと思います。また政策投資銀行の宇宙系投資促進のニュースもこれを意識したものかと。政策投資銀行さんISTにも融資なり投資なりお願いいたします笑。この会社は完全に小型無人ロケット専門になりそうですね。ISTは最初こそ資金のあまりかからない小型ロケットビジネスから開始しますが、ピントルインジェクターの液体燃料ロケットなんで大型化は比較的容易なので、大型ロケットや有人ロケットにすぐに拡張予定ですよー。
宇宙ビジネスが盛り上がることは良いことなのですが、小型ロケットは長期的には筋悪です。小型衛星を打ち上げる需要が増えていくことは確実なのですが、僕はその先を考えていて、先日ふと小型ロケット事業を駆逐するビジネスモデルを思い付いたので、ごりごり数学的に検証してみました。10〜20年のスパンで小型ロケットは淘汰されると思います。自動運転が普及した後の車みたいに、趣味のカテゴリーになると思います。
キヤノン電子は、昨年12月に本記事に出ているIHIとロケット事業に参入するという報道があった(下記)。当時の報道に加えて、清水建設とDBJが加わる形。
https://newspicks.com/news/1926103?ref=user_100438
小型衛星のようなキカイをたくさん衛星軌道に上げるためなら、月に全自動工場作って、そこからドンドコ運んだほうが安いかもですねぇ すぐにはできませんが でも孫さんぐらいの方が投資すれば、意外にすぐ出来るかもですよ そう思いません? ぼやぼやしてるとイーロンさんがやっちゃうよ(冗談です: この方イマタイヘンかも)

設計データだけ月に送信して、後は3Dプリントと組み立てロボットで全自動生産、で、ロボットがロケットに積んで発射、重力小さいからロケット安いし。。。ワクワクしますねぇ ユメミガチなので

金曜夜のタワゴトお許しを。。。。(ミシガンはいま夜なんです)
これは,H-IIAロケットの運用を製造元の三菱重工に民間移管したように,小型ロケットSS-520の民間移管を見越した動きです.
IHIエアロスペースはSS-520の製造打ち上げ,キヤノン電子は制御システム,清水建設は射点の整備を担う.小型ロケットは世界で一進一退が続いていますから,SS-520が次に成功すれば,大いにアドバンテージがある.
石松さんのビジネスモデルが気になる...
航空輸送の発展に比べると、ガガーリンが飛んでからずいぶん時間がかかります。自家撞着的な観光旅行などを控えて皆が宇宙旅行に行きたいと思うようになれば急激に発展するでしょう。なぜ、そうならなかったを考えると、航空輸送には国家が控えていましたが、宇宙旅行には国家が控えていなかったからでしょう。その意味では民間主導で行わるようになったことに意味が大きいと思います
ピック乗り遅れた。。。これ素晴らしいことだと思う。何度も言ってる通り小型ロケットは有望かつ重要だと思っているので、プレーヤーが増えるのは素晴らしい。
参加する企業は、キヤノン電子、IHIエアロスペース、清水建設、日本政策投資銀行の4社。日本でも徐々にロケット開発に参加する企業が増えてきた。
どれだけビジョンが見えているか、宇宙の旨味があるかですよね。時間はかかれど、宇宙大航海時代は来ると思います。その時のノアの箱舟を用意できる会社には世界中から人が集まり行列ができるでしょうね。
ただ、宇宙に行った先の希望とチャンスはどれだけ確認できているのか、マーケティングができない未開の領域なのでそこが気になります。
まずは衛星打ち上げをして金を稼ぎながら研究を進めるというのが現実的か。
日本は海に囲まれてるから、ロケットの打ち上げ地としての地の利があるよね
キヤノン株式会社(読みはキャノン、英語: Canon Inc.)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
3.06 兆円

業績