新着Pick
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ネット企業がなぜわざわざオフライン企業を買収するのか?ネットとリアルの融合で本当の「ライフスタイル」を知りたいから。

購買時点だけでは見えてこない「ライフスタイル」それを可視化しに行く。

これからの流通戦争は新しい展開になりますね。

久しぶりに取材して頂きました。
良ければご一読ください。
アマゾン特集の2日目は、オイシックスでオムニチャネル担当執行役員を務める奥谷孝司氏のインタビューです。
「なぜアマゾンが食品を欲しがるのか」の理由を明確に答えていただき、取材中に頭の中がどんどん整理されていきました。

今や当たり前になった、本をアマゾンで買うという行為も10年前ではまだまだ傍流でした。今から10年後、アマゾンで食品を買うことが当たり前になっていてもおかしくありません。
ドライブスルーのような形であらかじめ注文してあった生鮮食品を取りに行くという感じはとてもイメージしやすく、しかも店舗、消費者共に無駄がなくていい感じがします。
しかし生鮮品に普段から触れている立場からすると、実際に見て選んで買う・・・っていうのは市場における買い手の目利きみたいなものでそれ自体が楽しいし、食卓をイメージしながらスーパーでカートを押していくこと自体が実はエンタメになっている部分もあると思います。
生鮮品のデメリットのように言われる鮮度保持の難しさと個体差こそが目利きとしての力量を問われ、盛り上がるポイントなのです。
なので当然実店舗の需要もあるでしょうし、さらに言うと農家の軒先直売所といった非効率の極み的な生鮮品の購買にも「無駄な楽しみ」が十分にあると思います。
むしろamazonの食品流通改革が効率化を徹底的に進めることによって非効率のエンタメ性が際立って認識されていくかもしれません。
そんなわけで私はあえて100円玉で農家から直接農産物を買うといった「農産物直売所」のこれからに注目したいと思っています。
競合企業の幹部って誰だろうと思ったら、まさかまさか弊社の奥谷さん。奥谷さんとは社内で話す機会もあるのですが(というか席が近いし、席にいると声でわかる笑)、改めて読むと今の弊社がいかに変化のど真ん中にいるかわかる記事でした。

※追記※
社内にいると食品(生鮮食品)の難しさを日々本当に実感します。鮮度はもちろんのこと、自然相手なので収穫量や品質も年ごとに異なったり、景気によって変動したり、食材の提供の仕方もライフスタイルの変化よって変わってきています。

こちら側だけでは動かしにくい複雑な要因が絡み合いながらも、お客さまをしっかり見て価値を届け続ける。だからこそ、お客さまの笑顔や声が届いた時に、また明日も頑張ろうと思えるのがこの仕事の楽しいところなのかもしれません。
「冷蔵庫付きの物流センター」というのはわかりやすい。

ホールフーズは米国留学中によく通いましたが、アマゾンに欠けるエンタメ性があります。デパ地下に似ていますが、やっぱりデパ地下こそが世界最強。
Amazonによるホールフーズ・マーケットの買収のポイントは、物流の観点が一つ。
もう一つは、IoT時代によるインターネットのアクセス方法として、UI/UXをどう捉えるかになります。スマホやPCの画面からのアクセスは、一読性(ざっと全体を捉える)は、リアル店舗の方がまだまだ上。実はスマホやPCの画面はまだまだ未発達ということです。Amazon Fire(スマホ)は、一旦休止中。

そこでAmazonは、新しいUIとして、音声対話のAmazon EchoやチャットアプリのSlackを検討している。これらは、AIとの相性がいい。
リアル店舗を、IoT時代の新しいUIとして、どう融合させていくか、Amzon Goはどうするのか、というポイントで見ると、また違った意味で面白いと思います。
下記を読んでハッとしましたが、これも入口の獲得戦略の一つということですね。まだ自分の視野が狭いことを気付かされます。

「アマゾンはその頻度を増やしたい、もっと買い物をして欲しいと思っています。そのためには、より消費者が日常的に購入する商品を扱わなければいけません。
じゃあそれは何かというと、人々が間違いなく毎日消費する食品という結論にたどり着くわけです。」
アマゾンがホールフーズに求める役割は大きく3つとのこと。

1つはアマゾンフレッシュの物流拠点。2つ目が、鮮度が落ちてしまった生鮮食品の受け皿。そして3つ目が、従来の店舗機能に加えて消費者が自ら商品を受け取りに訪れる、ピックアップ拠点。

2015年6月に米国で人工知能のアレクサを搭載した音声認識端末の「Echo(エコー)」を一般向けに販売し始めた。さらに、アマゾンは購買データを溜めこんでいくため消費者の嗜好をますます容易に理解することができるようになる。

日本のネットスーパー、リアル店舗は、着実に改善は進んでUI/UXは高まっているが、「感動体験」を呼び起こすクリエイティブ発想の余地は相当ありそう。音声と視覚を含めた「人間の五感」に訴求する形でアドバイス、メニュー、シーン提案が成長余地ではないでしょうか。これが提供できる可能性として、オムニチャネルがあったが、残念ながら、セブンでさえ一次見直しを余儀なくされている。

アマゾンは、ネット+リアルを融合させて、このイノベーションに挑戦していくのでしょう。が、日本ではどこまで現地現場に裁量権をもたせて、創意工夫したマーケティングができるか?かなり細分化され、米国圧力が強い組織風土のようですので、日本のマネジメント層が鍵を握ると思います。
わかりやすい!
--
アマゾンがホールフーズに求める役割は大きく3つあると思います。
1つはアマゾンフレッシュの物流拠点。2つ目が、鮮度が落ちてしまった生鮮食品の受け皿。そして3つ目が、従来の店舗機能に加えて消費者が自ら商品を受け取りに訪れる、ピックアップ拠点です。
"そこでアマゾンが考えたのが、すでに3温度帯の管理設備が整っている食品スーパーを食品の物流拠点として使おうということです。

ホールフーズは全米に464店舗を持ち、店舗面積も広くて在庫を保管できるため、物流拠点としては最適です。"

私も販売チャネルとしてよりは物流拠点としての活用を目論んでいるというのが、ニュースを見て最初に考えたことです。

後段のAIの話は、確かに、という感じ。
手を動かさなくても、スマホをクリックしなくても、すべてAmazonでワンストップ、という映画でいつぞや見たような世界ですね。テクノロジー的にはもう実現しているに等しいレベルでしょうか。
この連載について
米アマゾンが創業以来最大の137億ドル(約1兆5200億円)を投じて、米高級スーパーのホールフーズ・マーケットを買収する。NewsPicks編集部が、世界中の小売業に衝撃を与えている「食品本格参入」の狙いを紐解く。

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
185 兆円

業績