新着Pick
406Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本企業が特に陥りやすい点は、技術的には優れているのに標準化の流れでデファクトスタンダードになれず、技術で勝って政治で負けるパターンです。
その意味で、グローバル市場を意識したグローバルスタンダードを狙う、標準企画の重要性を改めて認識させられた対談でした。

IPC社長にミッチェルさんとは初めてお会いしましたが、思いがけない共通点があり、オフトークも大いに盛り上がりました。
90年台半ばに私はドイツで、日系最初のカーナビを欧州市場に導入すべく、現地でのプロジェクト責任者をしていました。
その後、そのモデルは米国にも導入される事になり、導入計画の打ち合わせで米国出張をしていました。
ミッチェルさんもその頃、米国でカーナビの開発に関わっており、お互いに記憶にはありませんでしたが、間違いなく会っていた事が判りました。

20年の時を超えて、全く異なる立場でお会いできた事は、人生の奇遇を感じざるを得ません。
知財屋からすれば、標準化と一言で言っても「国際標準」と「デファクト標準」とでは雲泥の差。先端技術で先行し、知財で優位性を担保できている企業は、わざわざそれを棄てて国際標準化などしません。
標準化された技術は、安いライセンス料で誰でも使えるんです。そうでないと独禁法に抵触するので。だから知財を持たない後発企業が劣位を補い、体力勝負に持ち込める。DVDで規格を作った日本企業が後発アジア企業に負けたのはこのパターンです。
一眼カメラで日本企業が優位性を失わないのは、標準化したのはメモリーカード程度で、交換レンズのマウントなどはデファクト標準だから。デファクトなら、規格を作った者の優位性は揺るぎません。
先端技術を標準化する際は、どこを標準化しないか(標準化しない部分で差異化し優位性を確保する)という戦略がキモです。品質検査やネジのサイズを標準化するのと先端技術とではそこが違う。
PR記事ですけど内容は面白いです。地方国立大学工学部も、製造業のデジタル化やグローバリゼーションに対応できる教育プログラム改革が急務です。
んー、根っこはヒトの問題のような気がしてきました。。。
ゲームのルールを、創る側にならなければ、常に他人のルールで勝負するしかなくなる。
この連載について

業績