新着Pick
703Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
歴史と地理って表裏一体なんですね。
歴史好きは大体地理好きだったりします。

だから、前にも書いたのですが、歴史のオススメの勉強法というのは、年表ではなく、歴史地図から入ることなんですね。

例えば本文のモロッコとタコの話。
ここまででも、まあまあトリビアだとは思いますが、地図を見るとモロッコの南に、モロッコが占領する長い海岸線を持つ西サハラという地域があります。
実はモロッコ産タコの主な漁獲地はモロッコ本土ではなく、その南隣、モロッコ占領下の西サハラなのです。

西サハラは元々スペインの植民地でしたが、1975年にスペインが領有権を放棄すると、スペインーモロッコーモーリタニアの秘密協定によりモロッコ軍が進駐し、独立を巡ってポリサリオ解放戦線と長年の紛争となりました。

世界の大勢は独立容認に動いていますが、モロッコはこれを断固拒否。
独立を支持するアメリカやEUは西サハラをモロッコとの貿易協定から除いているため、西サハラ産タコは専ら日本が貿易相手先になっている…なんてことまで分かると、歴史、地理の知識は一気に現代国際政治を理解する上で、大事な素養になってくるわけですね。

地図帳一つで、結構色々な知識のきっかけになるものです。
確かに誰でも話せる国語を学ぶよりもお金稼げるかもしれませんね。ただ、英語しゃべれるほうがもっと稼げるような気がしますが。
「地理教育の一番の課題は、多くの大学で受験科目に地理が置かれていない、だから選択されない」
その通りだと思います。地理を選択すると受験できる大学が限られてしまうため、日本史や世界史を選択する学生さんは少なくないと思います。

「地理や歴史は社会を知るための土台。政治経済はその後」
その通りですね。ベースとなる知識が不足していると理解が表面的になってしまうのだと思います。地理的な条件から発生した歴史があると思うし、歴史は繰り返すため現代社会でも学びは多いと思います。
学び直ししたいです。
面白いですね。目先地理を学んだことで最もお金を稼ぐのは著者ということになるのでしょう。もちろんこういうのがキャッチーでウケが良いわけですし、それが自然なことだと思います。
理系の子は、センターの選択は地理が1番人気なので、理系の方が稼げる、なんてことはないと思いますが、受験をしていない私は、地理も歴史も大事なんだな、と今更思い知らされています。
地理だけは昔から得意でした。
【教育】「一番いいのは、大学側がもうちょっと地理を受験科目に指定してくれればいいのですが。特に早慶をはじめとする人気の大学が地理を受験科目に置いてくれれば、地理を選択する生徒が増えますし、そうすると学ばざるを得なくなります」という発想どうにかならないかな?受験勉強が役に立たないわけではないけど、教養のベースを受験勉強に求めてしまうというのは、その学問が本来持っている「豊かさ」を削ぎ落としてしまっているように思えて残念。
歴史と同じく、地理も「教養」の一つだと思う。
地理は昔から得意だったので今の仕事にも活きているのですが、金は全く稼いでいない・・・。「南米経済を地理から学ぶ」みたいな本書いてみたら売れるかな?・・・売れないだろうなあ。
株式会社ダイヤモンド社(ダイヤモンドしゃ、英語: DIAMOND,Inc.)は、主に経済やビジネスなどの書籍や雑誌等を出版している日本の出版社である。1913年(大正2年)に、『経済雑誌ダイヤモンド』を創刊して設立。本誌は日本初の出版社系週刊誌となる。本社は東京都渋谷区に所在する。 ウィキペディア