新着Pick
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
確かに。「国が経済的に成長すると、人はよりシンプルで機能的な商品へと向かう傾向にある」
以前のコメント転載で失礼しますが、市場の成長(成熟)に伴って無印良品が受け入れられるかどうかは、結構国民性が出ると思っており、インドはどうなるのか注目しています。
https://newspicks.com/news/2225841/

【以下、過去コメントの転載】
すでにムンバイとバンガロールにも出店し3店舗目だったとは、全然知りませんでした。カラフルな柄物が大好きなインド人に無印良品がマッチする印象はぱっとは持てませんが、市場が変わっていく局面でチャレンジをしているということなのでしょうね。

以前NPのオリジナル記事にもありましたが、濱口秀司さんが無印良品を好むかどうかという例え話で国民性の分類をされていたことを思い出します。
https://newspicks.com/news/2127560/

横軸に白黒付けるかどうか(balance or decide)、縦軸に同じくようなものをたくさんほしいかどうか(more or less)を取ると、日本人の国民性は、白黒付けない(balance)が同じものはひとつで良い(less)とのこと。そして無印良品は極めてこの価値観に近いとのこと。さらに、2軸で分類した4象限で隣接しない価値観は理解が極めて難しく、日本的価値観に隣接しないdecideかつmoreの価値観はアメリカ的であり、ゆえにアメリカで無印良品は流行らないとのこと。2軸ですべての国民性を分類することには限界がありますが、考える土台として大変おもしろい枠組みです。

さて、インドは4象限のどこか。balanceかdecide かは、あれだけ雑多な価値観を放任し続ける文化なのでbalanceだと思います。moreかlessかは大変難しい・・・でもやはりたくさんあればあるだけ良いというmoreの価値観のような気はします。そうすると無印良品としては、lessの価値観をいかに訴求できるかの勝負ということになります。
インドでは外資のモダンリテールでの成功例は少ない。バリューフォーマネーを重視するインドの消費者の心を掴めるか。しばらく赤字を覚悟しながら焦らず柔軟に取り組んで欲しい。
インドの1号店は207平米でしたが、2号店は倍の485平米。そして3号店も437平米です。日本の直営店と比べるとまだ狭いですが、いよいよ来年旗艦店をムンバイでオープン予定。楽しみですね。
ブラジルにもジャパンハウスをきっかけに期間も品数も限定的ながら入ってきます。販売というより展示に近い感じですが。

ジャパンハウスの建築以外のデザインを原さんがやられたということもあり。

ムジとユニクロは高くてもいいからブラジルにも来てほしい。
MUJIのインド戦略、参考にしたい。
無印のセンスは大好き。これからも期待してます! #MUJI
赤が好まれる中国でも受け入れられた成功体験が世界での戦い方の基準になっているのだろう。インドで成功を収めることができれば、売上の拡大に大きく繋がる。
無印は中流階級以上の人にはウケる
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
7,045 億円

業績