新着Pick
188Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
すでにムンバイとバンガロールにも出店し3店舗目だったとは、全然知りませんでした。カラフルな柄物が大好きなインド人に無印良品がマッチする印象はぱっとは持てませんが、市場が変わっていく局面でチャレンジをしているということなのでしょうね。

以前NPのオリジナル記事にもありましたが、濱口秀司さんが無印良品を好むかどうかという例え話で国民性の分類をされていたことを思い出します。
https://newspicks.com/news/2127560/

横軸に白黒付けるかどうか(balance or decide)、縦軸に同じくようなものをたくさんほしいかどうか(more or less)を取ると、日本人の国民性は、白黒付けない(balance)が同じものはひとつで良い(less)とのこと。そして無印良品は極めてこの価値観に近いとのこと。さらに、2軸で分類した4象限で隣接しない価値観は理解が極めて難しく、日本的価値観に隣接しないdecideかつmoreの価値観はアメリカ的であり、ゆえにアメリカで無印良品は流行らないとのこと。2軸ですべての国民性を分類することには限界がありますが、考える土台として大変おもしろい枠組みです。

さて、インドは4象限のどこか。balanceかdecide かは、あれだけ雑多な価値観を放任し続ける文化なのでbalanceだと思います。moreかlessかは大変難しい・・・でもやはりたくさんあればあるだけ良いというmoreの価値観のような気はします。そうすると無印良品としては、lessの価値観をいかに訴求できるかの勝負ということになります。
2016年に日本の小売業として初の出店をした無印。1号店は207平米でしたが、2号店は倍の485平米。そして今回も437平米です。
日本の直営店と比べるとまだ狭いですが、しっかりコンセプトが伝わって欲しいですね。
しらなかった。すごいチャレンジ、応援したい。ただし、まったくインドにローカライズしないで日本のまま伸ばそうと思ったら相当時間がかかるのは間違いない。
質のいい文房具が少ないだけに人気出るのでは。
質が良くてコンパクト!木や素材を感じ組立も簡単!
無印は日本の独自性をもちつつ優れたプロダクトブランドだと思います。
ご飯類はまあそんなに好きじゃないですが
インテリアは結構好きです。
IKEAのように有名になってほしい。
確かに衣類はどうかな〜
最近の若い人は、男も女もボトムはピタピタのジーンズが増えているけど、デリーは意外と保守的な気がする。
比較的冷涼なバンガロールは、女性でもジーンズに短いチュニックというのが増えてます。ちなみにインドでは、実験室での作業でも、女性は普通にサリーやパンジャビードレスの上に白衣を着てやってます。労働着ってないのよね。
それに南の方は、肌の色の濃い人が多いので、やっぱりビビッドな色の方が似合うと思う。民族服は意外とパターンが一つ一つ違って、個性的なんですよね。無印の画一的な地味な色調が受けるとはあまり思えないです。
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
7,045 億円

業績