新着Pick
114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
FlextronicsとJabil Circuitは早くからEMS業態を確立し、主にNokiaなどの携帯電話メーカーの受託製造を世界中で行うことで大きな成長を遂げたEMSではあるものの、台湾系EMSの台頭により徐々にその場所を失っていった。台湾系EMSの決断力、動員力、経営スピードの速さ(拙速さとも言うが…)に敗退したのがこの2社とも言える。
しかし、両社ともおおきくその業態ないしは顧客を変え、ロゴや社名を変え、姿勢を大きく転換することで、生き残りを図っている。Flextronicsはミルピタス、Jabilは南サンノゼに居を構え、シリコンバレーでのイノベーションの手助けとなるような提案を日々繰り返しているようだ。

それにしても燻し銀な記事ですね。日経テクノロジーオンラインではなく、ビジネスオンラインというのも意外。
アディダスもロボット工場「スピードファクトリー」戦略を推し進めているように、ものづくりの世界も大きく変わりつつある。また、トランプ大統領のアメリカファーストに始まり、世界が保護主義に動きつつもある。この中で、EMSも大きく変わる可能性があると思う。ホンハイもその動きに合わせようとしている。フレクストロニクスが今後を考える中でも「E」にこだわることなく、幅を広げているのは素晴らしいと思う。
”新規分野の売上高率は2016年に37%“
日経テクノロジーオンラインの専門記者にかっちり取材してもらわない(取材してもらえなかった?)辺り、Flexらしい。
試作品の開発や量産化までの設計サポートをベンチャーに提供するためのミニ工場にも力を入れているとのこと。
現時点でプロトタイプを作ったり量産化に乗せたりするプロジェクトチームを作るのは国内ではなかなか骨の折れることなので、市場規模はともかくとして社会的な意義は大きそう。

業績

ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国・オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業。設立は1968年。ニューヨーク証券取引所に上場。 ウィキペディア
時価総額
21.9 兆円

業績