新着Pick
1350Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事はAnypayさんとKyashさんを扱ってますが、図らずもFOLIOが超優秀な人材を取れていることをマーケットに知らしめるものとなっていると思います。
個人間決済のまとめの決定版ですね。めちゃくちゃ勉強になりました。本人確認が大変な資金移動業をとらずに実効的に送金を実現するが、そのためになにかを捨てるという整理がなるほど。
まあ、まずは現金比率が下がること!と思う一方、便利な送金サービスができることが電子マネー化を多く推進する可能性もあり、鶏卵ですね
最近、Kyashの中の人から同じような説明を聞いた。日本で個人間送金が面倒なことを知っていたが、各社それぞれ工夫を凝らしている。知人がいるからという理由だけではないが、KyashのVisaポイントとしてのやりとりはほぼ現金と考えても良いのではないかと思う。私のAmazonへの毎年の出費は巨額なのだが、それに使えるだけでも、私にとってはほぼ現金だ。記事にも書かれているが、アプリを入れていない相手にも送金したいケースは出てくる。是非、Web版を用意して欲しい。
とてもよくまとまっている良記事です。

一方で中国で結局実名制(=身分証明証登録)が本人確認のハードルを下げたように、日本でもマイナンバー活用をすればOkという風に法改正されれば一気に変わりそうですね。(そしておそらくされる)
そうなると結局ユーザー規模の戦いなので実名登録アプリが進んでいるLINEやFBか、それまでにウォレットの地位を築いている企業が強そうですね。
中国では前者の勝者がWechat Payment、後者の勝者がアリペイです。
これぞfintechのくるしみ

「個人間の「送金」も請け負うことができるようになったはいいけれども、「資金移動業者」のサービスは押し並べてひとつの大きな問題を抱えていた。」
寛容と見せかけて使いづらい、
だから銀行と結局組む必要がある
これは超勉強になる
今までこの分野の知識はモヤモヤっとしたものでしたが、物凄く分かりやすかったです。
paymoは招待コード機能があるので僕も利用しています。とても使いやすいです。

あとこれなら離れた親子(親と学生)の仕送り(現金)は銀行ではなくLINEpayでいけそうですね。あぁ二度手間か
KyashもFolioも創業者とお会いしましたが、自分とかわらない30代そこそこの方たちの挑戦だと思うととても刺激になります。既存のルールにがんじがらめのシステムの中で一生懸命考えてもがいて果実を生み出していること、尊敬します。
Great read. FacebookのMessengerやWhat'sAppの送金などの海外編も勝手に楽しみにしちゃいます。
手前味噌ですが、非常によくまとまっていると思います。