新着Pick
1087Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どちらもチャレンジングな話ですが,専門の方の「皮膚で聞く」について.

耳と皮膚とで,ハードウェア的には時間分解能が大きく異なります.耳は20kHz程度まで聞こえますが,触覚はたかだか1kHzまでです.
耳の場合,蝸牛の中で周波数分解がされていて,蝸牛内の位置に応じて感じる周波数が違うので,触覚を経由する場合においても,入ってくる音を周波数に分解し,空間的にバラけさせて提示したら,耳を模倣することが出来るかもしれません.このあたりについては,伊福部先生が触知ボコーダとして,すでに提案されていますが,現在のハードウェアならもう少し性能向上があるかもしれません.
http://www.human.iog.u-tokyo.ac.jp/?p=2&pp=0&l=1&r=1111
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmbe1963/17/3/17_3_230/_pdf (昭和54年!!)

触覚を介した情報伝達は,視聴覚を遮らないので既存の情報システムとの相性は良く,また周囲に情報が漏れにくい(触れている人にしか伝わらない)という特徴があるので,興味を持って取り組んでいる分野ではありますが,なかなかコレと言ったキラーデバイスが出てきていないのが現状です.
マン・マシン・インタフェースでイノベーションが起きるのは必然。

デバイス、AIを含むプロセッシングの進化からすると、ヒトからデバイスへの『インプット』、デバイスからヒトへの『アウトプット』がボトルネックになっているのは明らか。

脳、皮膚が正解のアプローチかはわからないし、長期的な解なので、直近で何か勃興するに間違いない。直近でいうと音声など有望だと思ってる。
技術開発の試行錯誤が加速するのは、2033年ごろまで。その間、技術が進めば進むほど、「人間とは何か?」「意識とは何か?」という問いにぶつかり、その解決の方向性が見えてくるのが、2034年から2050年までと、私は考えています。
逆にいえば、2033年までの時間は、小さなリスクをとりながら、さまざまな実験に挑戦していくことが、とても大事。「そうした企業文化を創り上げいるかどうか?」が、今後も成長し続けられるかどうかの試金石。フェイスブック広告の天下は2018年までと考えていましたが、まだまだ次の可能性を生み出しそうです。
触覚の方は超音波デバイスが再び進化することで実現できそうか気がする。MEMSで超音波発生装置を作ってスマホのディスプレイに載せたり。
これは便利そうですが、便利なものは危険です。自動車もナイフも。
プライバシーをどう守るのか。
P.S.
犯罪捜査で容疑者に装填するのは、チョッとやり過ぎでしょうね。
恋人同士が相互に装填し、「愛してる?」と聞き合うのは、・・・(笑)。
インターフェイス革命はGUIの発明して以来あまり進んでいませんが、当然その最終形は人体から直接、脳味噌に直結です。

しかしそこまではまだまだ長く現実的ではありません。

今回のf8で同社が発表したのはそうではなくて、
非侵襲性センサーという医療や機械制御などで使われているテクノロジー(おそらくヘルメットタイプになるのでしょう)を出力インターフェースに、音声周波数の読み込み(おそらくグローブタイプでしょう)を入力IFにする、といっています。
よってタイトルから印象を受ける人体や脳味噌から直接のあたかもテレパシーのようなものとはだいぶ遠く、上記もプロトレベルは言うとおり「数年先」でしょうけど精度やコスト含めた普及レベルではだいぶ先でしょう。
未来的すぎて本当に実現するのかさえわからないレベル。もし実現すればすごいと思う。

・脳によるタイピング
脳の言語中枢から直接、毎分100語をタイピングすることを目標とする。人間が発話しようと既に決めている言葉を解読するもの
・皮膚で「聞く」
点字のハイテク版を目指す取り組みといえる。Facebookは、内耳にある蝸牛(かぎゅう)の機能を模倣することを目指している。蝸牛は、音の周波数に応じて信号を脳に伝達するが、その機能を皮膚を通して実現しようとしている
めっちゃ速く、レポートとか資料とかつくれそう!
人間とデバイスの間がどんどんなくなっていく(´-`).。oO
>「これは重要な問題だ。やり方を誤れば、最悪なものになる」

まさに最後に記載がある上記の危機感をもった上で、どのように市場に出していくかを考えていく必要があると思います。

今後のテクノロジーまわりの意思決定は、「技術的には十分可能だけどリスクが読めなく、不確実性が非常に高い」領域が多くなってくる。
んー、率直に怖い。
あと昔「骨伝導」で音声を聞ける携帯とかありましたよね。全く流行りませんでしたが。