新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
違和感を感じる記事。
昔の日本基準で、暖簾減損が低額なら、問題なく、キャッシュアウトがそれほどあるわけではない。
また、安東さんのDESには同意。ただ、半導体は、それ自身が年間3000億円の投資がいり、スピード感がいるから、分け、上場すべし。
あと、WHは辞めて正解。
半導体子会社の事業価値が2兆円近くもあるというのだったら、実態大幅資産超過なのですから、銀行は融資を継続すべきです(半導体子会社株を担保にするなら尚更です)。新規融資も十分可能。それでも目先の債務超過を回避したければ期間10年程度の種類株DESをすれば済む話です。本来は半導体子会社も売却する必要ありません。また、上場維持のためだけに半導体事業を売るのではなく、一旦上場廃止にして、内部統制を再整備した上で出直す方が妥当です。
まずは経営陣が総退陣するべきでは。経営陣は、少なくとも10年以上責任を持ち、ITリテラシーが高い40代にまで若返るべき。

まずは、この素晴らしい記事をよく読むべき。

「消える東芝、勝ち残る日立。何が運命を分けたのか。」
https://newspicks.com/news/2150008
銀行としても、ここで見捨てる訳にはいかなくなっています。

かつて、ダイエー救済で自身の体力を奪わたUFJ銀行の例がありますが、今のメガバンクは体力が強い。

ただ、「そろそろ何とかしてくれよ」と思っているのではないでしょうか?
低金利が不幸中の幸い。
潰せないのは当然です。ただ追加融資の可否は、正論で申し上げれば、東芝が立ち直り再び成長軌道を描くビジョンに正当性を見出せるか否か。ならばまずするべきは、経営陣の刷新による外部の血による組織風土改革への着手でしょう。今のトレンドである事業性評価融資の観点からは、財務的な安全性の観点のみから追加融資を決定すべきではないと考えます。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.98 兆円

業績

株式会社三井住友銀行(みついすみともぎんこう、英語表記:Sumitomo Mitsui Banking Corporation 略称:SMBC)は、大阪本店を大阪市中央区北浜四丁目6番5号に置き、東京本店を東京都千代田区丸の内一丁目1番2号に置く、三井住友フィナンシャルグループ傘下の都市銀行。3大メガバンクの一角を占める。 ウィキペディア

業績

三井住友信託銀行株式会社(みついすみともしんたくぎんこう、英:Sumitomo Mitsui Trust Bank, Limited)は、三井住友トラスト・ホールディングス傘下の完全子会社で、信託銀行である。2012年4月1日に発足した。信託業務で邦銀第1位、銀行業務で邦銀第4位の規模である。 ウィキペディア

業績

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
2.14 兆円

業績