新着Pick
522Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
おめでとうございます。(^^)
人気 Picker
糸井さんはなんと今年69歳なんですよね。このご年齢でIPOされるんですからそれはたいしたもんです。わたしは「ほぼ日」のIPOの妥当性よりも「ワイにもまだまだチャンスはあるやんけ!」と思いながらこの記事を読みました。

ところでわたしは「ほぼ日手帳」を止めました。

あれって「手帳」って名乗ってますが実は「手帳」じゃないんですよ。書く行為が好きなひとにとって何かを書きたくなるような仕掛けの「ノート」なんです。いわば書くことが好きなひと向けの「危険ドラッグ」なんです。だって「ほぼ日手帳」を使っているひとって例外なく書くことが好きでしょう?

「潜在的に書くことが好きなひと」に向けた商材を「手帳」という形で売り出した。手帳はみんな持ちますから。ところがです。ただの手帳ならデマンドフォローですがそうじゃなくて「ほぼ日手帳」で「潜在的に何かを書きたいひと」のデマンドクリエイションを起こした。しかも中毒性があるから毎年リピートする。そしてお値段は「糸井ブランド」がくっついてとても高い。そこが糸井さんのこのビジネスの真骨頂。お見事です。

いえね。わたしも以前ずっと使っていてほんとに使いやすいしいろいろ書きたくなるんですよ。でも逆にそれに依存するというか「ほぼ日手帳」に書くという行為そのものが目的化していることに気付いて・・なんというか「ほぼ日に書けば満足」とか「何かほぼ日に書かなきゃ」みたいな気持ちになるんですよね。ええ。つまり中毒になるんです。この感覚って「ほぼ日手帳」を使ってる方ならなんとなく理解していただけるかと。それを商売にしたところに糸井さんの才能があるんですね。

「ほぼ日手帳」をやめたいまわたしの予定はGoogleカレンダーで。そして日々書きたいことはNPで(^o^)
ぶっちゃけ上場には向いてないと思うんだけどなあ。。、
上場してなにするの?ベンチャー企業でも容易に資金調達できる環境は悪くないとは思うが、あんまりなんでもかんでも上場されてもねぇ
スモールIPOの試金石。売上30億、利益4億で時価総額はいくらになるか。爆発的に成長するとも思えないが。。
ほぼ日が上場したらクリエイティブ産業にとっては励みになりそう。
労働集約型で曖昧なデザインという価値を売るビジネスにどこまで価値を見出す投資家がいるか。

個人的には頑張ってもらいたいです!
上場されるのですね。糸井さんの年齢でこの挑戦。これから大変でしょうけど、素晴らしい。

こういう生き方、仕事の仕方、社会と個人との距離感が素敵ですね。
手帳の60万部という部数がすごい。モノとネットが融合すると強いですね。
徳川埋蔵金、楽しかったよねえ。
糸井さん的には、あれは黒歴史かもしれないけどさ。
いろんなことを教えられます。きちんとした世界観を持つことでそれを共感するコミュニティができる。コミュニティは利益を生むこともできる。いわば理念の大切さです。ビジネスモデルとしては、広告モデルの上にどんな収益の柱を立てるか。ハードのペイウォールか、サブスクリプションか、物販などのECか。糸井さんはECを柱にして成功しました。本当に勉強になります。マスメディアができないことを1人でやり遂げたわけですから。最後に、糸井さんの被災地復興の努力には敬意を表します。
手帳、使っている人未だにいるんですね。システム手帳使っていたのは4年前まで。懐かしい。