新着Pick
164Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
まず無理でしょう。この際、日本がリーダーシップとって、世界の経済連携協定進めちゃいましょうよ。
まさか本気で言っているのではなくて、今後の2国間FTAに向けての交渉戦術だと思いたい。とっくの昔に終わっているTPPにノスタルジーを感じている場合ではない。次に行くべし。
まとまりのない思いつきのコメントですが・・・

マハティール首相がEAEC構想を唱えたときの反対の急先鋒が米国と、そして日本でした(官僚個別レベルでは様々な考え方がありましたが)。今、形を変えてRCEPでEAECに近い形の貿易圏構想の交渉が進んでいます。RCEPは実現しても「途上国レベル」という人も少なくありませんが、そもそも、求心力が弱く、ルールが未成熟な国々がゆるやかで最低限でも1つの貿易圏を作るということが重要です。先進国目線で先進国水準でないというスタンスを日本が取ってしまえば、信頼を失います。

TPPについては、日本ではトランプ大統領に対する落胆が広がっていますが、そもそも、TPPは日本の参加はかなり遅かった。当時、推進の旗手だった米国からすれば、貿易と安全保養で重要国の日本が遅々として進まない議論をしていたことはいらだちでもありました。それは、米国だけでなく、TPP現加盟国のシンガポールとブルネイ(そしてNZとチリ)から、そして比較的早期に加盟交渉に入ったマレーシアとベトナムからも、なぜ、日本が消極的なのか分からないという声はありました。

今になって米国よ待ってくれ・・・というのは厳しいですね。もっと早くコミットしていれば、トランプ大統領が翻意するかは別として、もうちょっと見てくれは良かったと思います。

TPPへの参加が議論されていたときは、安倍政権ではありませんでしたので、それ自体は現首相の責任ではありませんが、日本の政治決断力のなさ、また、TPPの中身を調べずにいい加減な反対・賛成論が多かったことが浮き彫りになりました。

説得も大切ですが、日本はRCEPであったり、その他の2国間やマルチの協定を粛々と進めていくことも必要でしょう。
既に署名までしてしまった件について「改めて翻意を求めていく」とは、本気ではないと思いますが‥。

本気だとすれば、度し難い外交オンチか脳天気でしょう。
本気ではないものの、日本国民向けのアナウンスメントとして“テキトー”なことを言っているのであれば、それはそれとして一国の首相としてダメでしょう。
未練がましい。
フられた相手はサッサと諦めて、TPPが発効しない場合の「プランB」に移行した方がいいと思うが。
施政方針演説では「自由貿易の旗手」になるとまで言い切った。次への布石も含めて、この問題をどうマネージするか、日米首脳会談で手腕が問われる。
トランプを翻意させるのは無理でしょうが、「約束を破ったのはオマエなんだぞ」ということは今のうちにガンガン言っておくべき。日本は、このあとの二国間交渉の優先度トップなので、徹底的に有利な立場でモノを言えるようにしておくのがいいでしょう。(その立場を利用して何をするか、ということも重要ですね。)

今後も、どこで何がおきるかわかりません。共和党内でもマケインなどがTPP離脱を批判しています。個別二国間交渉がものすごく大変だし、各国が態度を硬化させて、結局アメリカの立場はTPPより悪くなっちゃうとかいう結果もありえるでしょう。「多国間」であることの効果もなくなってしまいますし。
これは、2歩先をみた行動かと。表面的には、TPP離脱を説得するけれど、裏では、「日本はアジア版TPP(RCEP)にむけて独自に動くけれど、そこは目をつぶってね?」という合意をとりつけるのではないか。
当時は米国への忠義だったのでしょうが、TPPに頼りすぎましたね。多方面とのFTAをもっと進めておくべきだった。
米トランプ政権のTPP離脱について、日本政府は改めてとなりますが、国会でもトランプ大統領に翻意求めると首相が答弁。
2月上旬にも予定されている日米首脳会談でも、翻意を求めていく方針とのこと。果たしてそれだけの影響力が日本にあるのか。