新着Pick
366Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
地味な印象こそありますが、花王は財務戦略を経営に活かしている日本を代表する優良企業。
USJ復活のキーパーソンにして一級のマーケターである森岡毅氏は、そのP&G時代の若き日に花王のコンパクト洗剤「アタック」の大ヒットで辛酸を舐めたと述懐しています。
森岡氏曰く、マーケティングが雌雄を決する消費材業界での肝は「数字に熱を込める」経営です。
冷静な経営判断をするためには精緻な市場調査と定量分析が必須。
トップが数字に基づいて戦略決定をした後には、現場の人間が「戦術」を実行する必要があります。
花王が優良企業である所以は「数字に強い優等生」だからではなく、「数字に熱を込める」経営を貫徹していることに尽きると思います。
花王、EVAが機能しているのか。EVAは00年代前半あたりにかなりブームになっていた印象(当時書かれたような本を見るとかなり書かれている)があるが、最近は以前ほど聞かない。でも、資本コストを消化したうえでリターンを生むことができる(超過リターンがある)というのが上場企業のリターンとして求められるもの。
下記①で花王のROEも見れるが、日本企業の中ではコンスタントに高水準。とはいえ、たとえばP&G(②)と比べると低い。売上規模では5倍差、グローバルブランドの強さが顕著に出るところ。日本にいる消費者として商品差は感じない(むしろ花王の方が強いと思うくらい)なのだけど…
https://newspicks.com/company/SPD36FHS7NRCMEIG?t=chart
https://newspicks.com/company/SPD2VNVCTJLY2ZOW?t=chart
素晴らしい会計財務部門だ。これこそが経営の会計と財務だと思う。損益計算書と貸借対照表では、現在の財布の中身は把握出来ない。それでは投資の意思決定も、材料費の管理も、社員数の妥当性も、経費の使用状況も、本当の意味ではわからない。EVAの難しいところは、運営するときの工数だと思う。社員に意味を理解させることも大変だったと思う。しかし、CIF(キャッシュインフロー)とCOFキャッシュアウトフロー)を基本として、持っている現金から資本コスト(利子・配当)や減価償却費を調整し、現在のFCF(フリーキャシュフロー:自由に使って問題の無い現金)が分かっていることは、経営者にとっては最高だ。常に意思決定がし易く、早く、正確に指示がだせる。これは花王にとっての強みだ。多くの企業を見ていると、会計財務部門がしっかりしている会社は、やはり成長力が高い。それは利益率が高いという意味だけではなく、成長するための投資が活発で、社内が活性化されている。おそらく花王もそうだろう。今後益々の活躍を期待したい。
花王って会社、管理会計でよくケーススタディになるけれども、私の印象では不思議な会社。なかなか企業価値やEVAを使った経営ってうまくいってない印象があるけど、どうしてそんなに浸透できるのか、どうやって組織成員に受容できているのかを知りたい。
財務が戦略的に活動できる会社は強い。財務がただのワーカーの会社は弱い。
花王株式会社(かおう、英語:Kao Corporation)は、東京都中央区日本橋茅場町に本社を置く大手消費財化学メーカーである。コーポレートアイデンティティは、「きれいを こころに 未来に」。 ウィキペディア
時価総額
3.23 兆円

業績