新着Pick

三菱UFJ、口座情報を外部活用 来夏にも個人対象、ECサイト連携など

SankeiBiz(サンケイビズ)
三菱東京UFJ銀行が来夏にも、個人顧客の同意を得た上で、外部企業が口座情報などを活用できるようになる新たな仕組みを始める。先進的な金融サービス「フィンテック」の一種で、ネットショッピングでの支払いが簡単になるなど利便性の向上が期待できる。
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
金融庁は決済高度化の金融審議会経て全銀協含めたワーキングにてガイドライン制定進めており、目処付き次第(時間の問題)で実装となりますね。金融庁コンセンサス得たカタチで日本版Fintech発展が加速すると思います。
イメージとしてはECサイト上でのクレジットカード決済と同様になるということなのかなと思いました。利用者にとっては利便性が高まりますね。
金融機関のAPI連携によるオープンイノベーションはさらに進みそうです。
オープンAPIは大注目。門外不出の銀行所有の個人取引情報が他産業に活用されるという流れは、ビッグデータビジネスの大本命ではないかと思います。
銀行を核とするエコシステムづくり。
次の段階は(米銀が行っているような)ECモール。
個人的には銀行内にどれだけテクノロジーの事に詳しい人材がいるのかが気になります。
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.98 兆円

業績