新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「失敗しない人」は「難しいことに挑戦していない人」です。
いやいや「堅実に着実にチャレンジするひと」が評価されるべきなのでは?記事を頭ごなしに否定するつもりはありませんが「チャレンジする」という行為だけでここまで断定しようという文脈には無理がありません?

準備もせず努力もせず徒手空拳でただ単に「チャレンジしました。そして失敗しました」っていうのはただの馬鹿ですよ。笑われて当然です。わたしならば大笑いしてやりますがなにか?

でもね。ほんとうのチャレンジャーなら文化のせいにせずに何があったってきっと自分で努力して這い上がってくると思いますよ。MWさん待ち案件?
日本に多くいる「堅実な人」の自己肯定バイアスが強いから。チャレンジして成功されると自分の人生を否定されたように感じるからではなかろうか
失敗がなければ成功もありません。成功率100%ならそれはチャレンジではなくただの日常です。成功しても何の感動もないでしょう。逆に成功率1%のチャレンジで99回失敗して最後にようやく成功したらどれだけの感動が待っているでしょうか。また失敗する毎に成長することもできますからその意味で失敗は成功の母であると言えます。社会的にも失敗することや諦めない心やチャレンジ精神がもっと評価されても良いように思います。
笑われてもナニクソと何度も這い上がる人が最後には成功するんですよ。
失敗しても笑う人などいない世の中、そんなぬるま湯が恋しい人は、いつまで経っても成功なんてしません。
貪欲にチャレンジする方が嫌われる訳ではなく、その方を毛嫌いする職場の風土が問題です。
組織が良くなると誰もがチャレンジしかしなくなりますからね。
人ではなく組織ですね。
今の時代何もチャレンジしない事が、ある意味最大のチャレンジです。(笑)
笑われるのは、ダメなのでしょうか?
笑われて、チャレンジしたことを後悔するようなものだったのでしょうか?

本当に望むのであれば、のたうち、幾度も敗れど、闘い続けるものです。
そんな人達は放っておいてチャレンジしよう。チャレンジしたら失敗も有るかもだけどチャレンジしないと成功はないよね。もちろん無闇やたらにチャレンジするのではなく、努力は必須だけどね。
全然「日本」に限った話じゃないと思いますね。今やってる大統領選なんか見ても、トランプさんの失言暴言にアメリカ国民やメディアは容赦ないし、袋だたきしてます。成功した人に近づきたがるのも、古今東西問わずじゃないですかね。

ここでキーになるのは「チャレンジ」をどう捉えるかどうかじゃないですかね。思うに日本で「チャレンジ」する人の多くが「チャレンジ」をどのようにするべきかをどことなく履き違えてる人が多いんじゃないかなと感じてます。

「チャレンジ」というのは、圧倒的に無理な事をゴリ押しして何かを押し通す事ではないはずです。たとえその結果失敗したとしても、誰にも助けてもらえる事はないのは自明の理でしょうし。
株式会社ライフコーポレーション(英語: LIFE CORPORATION)は、近畿地方・関東地方でスーパーマーケットチェーン「ライフ」を展開する企業。本社は大阪市淀川区と東京都台東区の2本社制。三菱商事の持分法適用会社。東京証券取引所第1部に上場している。 ウィキペディア
時価総額
1,854 億円

業績