新着Pick
378Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リーマンショック後に三菱商事がイオンに出資して以来、ずっと噂されてきた話。
具体的には、4年前にミニストップの店頭にローソンのチケット販売端末「Loppi」が設置された等の動きもあります。

しかし、統合となると簡単な話ではありません。
ミニストップが独立系なら大手のローソンの傘下という選択肢もありだと思いますが。
一番のボトルネックは、それぞれにある程度大きな経済圏を確立済みの「WAON」と「PONTA」の折り合い。ATMも同じです。
あと、店内調理の設備があるミニストップの店舗を内装工事だけでローソンに変えるのは難しいかも。

イオンとしてはセブン&アイに楔を打つために首都圏でミニストップや小型スーパー(まいばすけっと)をやってるようなところがあるので、創業家が切り売りすることに首を振らないと思います。

ローソンとの経営統合という大掛かりな業界再編についても、統合スキームにもよりますが、三菱商事の出資比率が増えて創業家の影響力が減ることは避けられないので、少なくとも創業者(現会長)の目が黒いうちはないでしょうね。

最近の出光興産とかもそうですけど、お家騒動なようなコーポレートガバナンス問題は、戦後の焼け跡から身を起こした創業者からの事業継承というタイミングで出てきてる流れですね。
岡田さんの『コンビニはたばこ屋』という発言は本質をついている。

実際日販売上の40%をたばこの売上が占めているろいうことも珍しくない。

しかし規模の大きさを追求するのは理解できますが、小規模な合併を繰り返しても数の原理ではその場しのぎな対策となってしまいます。

ローソンにとっては店舗数ではファミリーマートに追いつくことは当面無理なので、本質的な顧客目線での商品力追求・Loppiの機能拡充・クリーニング扱い店舗・ケアセンターの拡充という上手くいきそうな事業をスケールしていただきたいと個人的に感じます。
コンビニ産業は、ひたすらに店舗数を増やす→顧客とのタッチポイント増加→生活インフラを幅広く提供→大きな資本を形成・・・
という流れで拡大する。
これからも買収、提携合戦が起き続けるだろうな。

個人的に、ローソンのまちカフェとミニストップのソフトクリーム、ハロハロなどのデザートは相性良いと思います!
あり得るお話なのかなと思う一方、そうなると少し寂しいなというのが本音です。確かに三菱商事という共通点もあり、そう考えるのも自然だろうと感じます。

「コンビニはたばこ屋ではないか」
イオンのことも考えると、実現するのか。はたまたそれぞれが独力で頑張るのか。

いずれにせよ競争が激しくなるコンビニ業界のでローソンの今後の戦略がとても楽しみです。
細かい部分だが、商社に関わる部分でいうと、セブンの三井物産との関係は、鈴木氏の最後のころに弱まっているはず(国分が増加)。井阪氏はそこに反対していたので、今後変化していくところもあるかもしれないが。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO99900710R20C16A4EA1000/
状況証拠で見れば、ローソンとミニストプの合併というのはあり得ると思う。記事の中で、イオンの岡田社長がコンビニを嫌っているとあるが、それであれば、一気にローソンが買い取って仕舞えばいいのではとも感じる。ミニストップはコンビニの中でも異色の存在な感じもあるので、ローソンと一緒になることでの相乗効果がどれくらいあるのかは疑問に感じるところもある。
過去にはコメントも書きましたがイオンのグループ戦略の中でローソンを買収するというシナリオはないのかな、とずっと思ってました。今は三菱商事のローソン関与が増えたのでないとは思いますが。3強に収斂されていく中で中堅で残っているのはミニストップ、デイリーヤマザキくらい。どちらも親会社の意向が強いのでなかなか動きそうにはない感じはあります
店舗効率でも規模、店舗数でも1強のコンビニで同じことをしても勝てないですから、元々ミニストップが強いEAT INとか、ローソンが強いナチュラルローソンなる個性的な店作りとか、こうした個性をもっととがらせてほしい。そいう観点から二社がどのような尖がった統合戦略がうちだせるかが肝だと思います
これは、イオングループ経営陣が必ずしも望まないと思う。
それにしても、これだけ大きくなってしまったら時代が変わってしまったときに大変なことになるだろうな… 方向転換ももはや出来ない規模だろうし。
ミニストップ株式会社(英語: MINISTOP CO.,LTD.)は、イオングループのコンビニエンスストアである。イオンの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
417 億円

業績

株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア

業績

株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
5,466 億円

業績