新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この何らかの方法、というところが各社のミソになってくるわけですね。今後、ソニーはCLEDIS DisplayについてはBtoBで展開すると言っているわけですが、Appleなんかはまだまだ民生機器での展開を狙っていると思われ、この辺りの今後の展開も気になるところです。

追記
Yasuda Keisukeさんが指摘しているポイントは面白いポイントですね。LED素子一つ一つの出来上がりにも当然、それなりにばらつきはあるわけで、これは液晶ディスプレイでも有機ELディスプレイでもある程度は起こりうる問題。(画素欠けとか、表示ムラとか)こういったものをある程度デジタル制御するかどうかで、表示品位は大きく異なってくる。ソニーやパナソニックのデジタル制御技術はこういうところで大きく活きているという理解。


(以下本文抜粋)
現状のLEDディスプレーの課題は一般に、高いコストである。原因の1つに、LEDチップの実装の問題がある。現状のLEDディスプレーでは、RGB各色のLEDチップを用意し、それらを1つのパッケージに封止したLEDを1画素として利用するのが一般的だ。そのため、RGBそれぞれでLEDチップを製造し、それらをパッケージに実装する必要がある。そのためコストが高い。ソニーは詳細を明かさないが、複数画素分のLEDチップを一括して実装するなど、何らかの方法でLEDチップの実装効率を高めてコスト削減につなげたようだ。
コストは高そうだけど、素子バラツキをビッグデータやAIでどう補正するかが今後面白そう。

業績